【enemy】真のエネミーは義実家ではなく配偶者151【敵】
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/live/1239184557/
535: 名無しさん@HOME 2009/04/11(土) 00:08:28 0
313 :1/3 :05/01/19 12:21:05
自分だけでは重さに潰されてしまいそうなので吐かせてください。
私の友人でAという人がいるのですが、彼女は幼い頃に両親が離婚して
父親側に引き取られて育ってきた、という記憶を持ってきました。
文章にすると長くなるので箇条書きにすると、

・Aの父と離婚した母は父家族と同居していた。
・Aはおばあちゃんっ子だった。
・母は他の男の元に逃げたとAは聞かされていた。
・その後A父は再婚、弟が出来たがA父と継母はその二人の間に
 出来た子供ばかり可愛がっていてAは寂しい思いをした。
・数年後祖父と祖母が亡くなり、Aは居場所がなくなった。
AにとってA母は腹立たしくもあり、憎らしい存在であったのですが
A自身に子供が生まれて母になった事で、A母へ会いたいという
気持ちが強く芽生えたそうなんです。
あちらこちら探した結果、AはA母を見つける事は出来ました。
Aは自分一人では勇気が少し足りないから、小学生から付き合いのある
私に一緒に着て欲しいと頼んできたので、私は彼女と一緒に会いに行きました。
ですが、A母はAに会う事を拒否したんです。
私は、上記にあるような理由からAに会いたくないなんて冷たすぎると
怒って理由を尋ねたのですが、その場では答えてもらえず…。
その日はショックで落胆するAを宥めながら地元に帰りました。

537: 名無しさん@HOME 2009/04/11(土) 00:13:44 0
314 名前:2/3 投稿日:05/01/19 12:22:06
私はA母の言動が腑に落ちないものの、Aに暫く時間を空けて
もう一度会いにいこうと言っていたのですが、A自身、どうしても
A母に会いたいと思い立って一人で会いに行ってしまったんです。
そして、Aは別人のように落ち込んで帰ってきました。
A母がAと会いたくない理由が、A自身にもあった、のだそうです。

A母は、結婚してからA祖父祖母に散々嫌がらせや嫌味を言われ、
そしてA父は庇ってくれる事も味方につく事もなく何もしてくれなかった。
むしろ、「自分の親をたてろ」と非難してきた。
子供が生まれたら何か変わるかと思っていたのに、子供が生まれても
それは変わりはなく続き、精神的に追い込まれた。
しかも、子供(A)は義理の母に奪われろくに抱く事すら出来ず家事を
させられ、働かされた為体を壊したが「使えない女だ」と吐き捨てられた。
唯一、心の支えだった子供のA・・は、義理母に甘やかされて自分の言う
事は全く聞かず、しまいには「かあちゃんいなくてもばあちゃんいればいい。」
怒れば「かあちゃんって鬼、大嫌い。」、怒られたAを祖母が庇えば、
「ばあちゃんの方が優しくていい。」と言われ、育児にも自信が持てなく
自分自身に失望した。
旦那も子供も自分の事を見てくれない状況で、支えも何もなくて、
何も変わらない現状に耐え切れなくなって、A母は衝動的に家を飛び出した
けれども心の病にかかり以来ずっと病院にかかりきりになっている。(今現在も)
A母は、Aと会うとその当時を思い出して辛くなるから会いたくない。
この前から(最初にA母に会おうとした時)夜が恐くて眠れない。
A母にはもう別家庭がある…だからもう、ここには来ないで欲しい。

540: 名無しさん@HOME 2009/04/11(土) 00:16:58 0
316 名前:3/3 投稿日:05/01/19 12:28:37

という事を言われたらしい。
私はAから聞いたこの話を聞いてなんて言葉をかけていいか分からなかった。
この話が本当なのか、「A母自身が自分の都合のいいように言っている
のかもよ」とAに言っても、Aはずっと泣きっぱなしでした。
一頻り、泣き通したAはぽつりと
「幼稚園で描いた母さんの似顔絵が、全部おばあちゃんだったのが
 前から不思議だった…。幼稚園の時はまだ母さんいたのにね…。」
と言って黙ってしまいました。
私はAに、何と言えばいいのか分からなくてただAの側にいた。
その日は、帰りの遅いAを心配した旦那さんがAを迎えに来てくれて、
私は彼女を見送った。
そから数日たった今、彼女になんて声をかけていいか未だにわからない。
最初は、ただAの母が見つかってよかったと喜んでいたのにこんな事に
なるだなんて思っても見なかった。
「やっと母さんに会える!親孝行できる!」と喜んでいたAの顔が忘れられない。
あの時、母親に会いに行ったAを止めていればこんな事にはならなかったでは
ないかと思うと、いても立ってもいられなくなる…。


自分の中で溜め込んでいたものを吐き出せて少し気持ちが軽くなりました。
場違いな程の長文で失礼しました。

541: 名無しさん@HOME 2009/04/11(土) 00:26:54 0
そんな事があったとしてもよ、やっぱり母親としての
情愛が薄いな。

542: 名無しさん@HOME 2009/04/11(土) 00:29:05 0
>>541
母性神話にだまされすぎ。

544: 名無しさん@HOME 2009/04/11(土) 00:29:55 0
>>541
そうかなあ。
深く愛していればこそ、だと思うんだけどなー。
こんな状況になったら自殺するんじゃないかと本気で思う。

543: 名無しさん@HOME 2009/04/11(土) 00:29:45 O
生んだから絶対に情が生まれるわけでもなし。
母親としては昔の記憶を思い出す相手とは会いたくないだろう、相手は悪くなくても嫌な記憶の一端なんだもん

546: 名無しさん@HOME 2009/04/11(土) 00:43:46 0
しかもこの話の場合、母親には既に新しい家庭があったわけで。
その家庭では子供を奪われることも、その子供から否定されることもなく
幸せに子育てできたんじゃないかと。

自分を否定した子供が自分を訪ねてきたって、決して嬉しいことではないよ。


547: 名無しさん@HOME 2009/04/11(土) 00:48:01 0
誰スカじゃ、嫁イビリしてるトメに孫が反撃するなんて時々あるけど
Aはどうしようもない三文安だったわけだ
いくら自分で生んだからってこんな餓鬼にいまさら娘面されたくはないわな

548: 名無しさん@HOME 2009/04/11(土) 00:59:57 0
姑に似ている部分をあげつらって
娘を責め貶める母親もいる。

そうならないための勇気ある言動とも感じる。

549: 名無しさん@HOME 2009/04/11(土) 01:06:45 0
これは割り切って、今後一切かかわらずに生きるしかないレベルだ。

550: 名無しさん@HOME 2009/04/11(土) 01:18:44 0
何だろうね、親を名乗る資格のない親ってのはよくいるけど
子供を名乗る資格のない子供ってのは始めてみた気がする

ヒキオタデブニート40代とかいう最悪物件ですら、
それでもこの親にしてこの子ありみたいな扱いで存在してるというのに

551: 名無しさん@HOME 2009/04/11(土) 01:22:48 0
みんなが寄ってたかって子どもをいいように扱って
母は母で責任を当人に押し付けて、逃げてるだけって感じ。
この人可哀想だよ。古いコピペだけど。

552: 名無しさん@HOME 2009/04/11(土) 01:23:09 0
幼少時のAの態度も仕方ないと思うけど…
ろくに自分を抱きもしない相手に「母親だから」って理由だけで
幼稚園児が愛情とか持つのは無理じゃない?
そりゃ毎日面倒見て甘やかしてくれる祖母のが好きになるよ
10歳くらいになれば分別もつくだろうけどさ

555: 名無しさん@HOME 2009/04/11(土) 01:31:35 0
>>552
そういう風に育って、40歳過ぎても変わらない人もいるからな

553: 名無しさん@HOME 2009/04/11(土) 01:27:16 0
三文安は三文安に育てたほうに問題があると思うが。
普通こういう場合、三文安に育てたくないって戦うのが母親だと
思うけどね。全部姑と子ども本人のせいにして、幸せになれて
よかったよなと思う。

556: 名無しさん@HOME 2009/04/11(土) 01:36:12 0
>>553
うちの母親は闘った人だけど、そんな簡単にいえるものじゃないんだよ
時代もあるしさ。

559: 名無しさん@HOME 2009/04/11(土) 01:46:15 0
>>553
そもそも戦ってないとは書いてないわけで。

必死に戦ってる所に祖母の似顔絵なんて持って来られたら
目の前には絶望しかないよ。正直よく死ななかったな、と思う。
死ぬ力さえ失われてたのかもしれないけど。


母性や情愛、責任で全てカタがつくならAは存在しないよなあ。


554: 名無しさん@HOME 2009/04/11(土) 01:30:30 0
面倒見る機会奪ったのも子供を抱けなかったのも夫実家の所為だから母親には何の罪もないな

557: 名無しさん@HOME 2009/04/11(土) 01:36:52 0
さっきジョシュアってサイコなお子様の映画を見たばっかりだったからなぁ。
母親に取ったら悪魔にしか見えなかったんじゃない、
母の日でおばあちゃんの絵を描いてくるなんて。
しかもそれを目の前で披露されて
お祖母ちゃん「良くかけたわね。」娘「にっこり」って子供がほほ笑んでたら・・。
今更会いに来られてもね。

558: 名無しさん@HOME 2009/04/11(土) 01:44:27 0
子供なんて何も考えずに
自分に都合の良い方に懐くに決まってるし

561: 名無しさん@HOME 2009/04/11(土) 01:55:20 0
幼少期の事情はAに責任が無いとしても、居場所がなくなるまでは
何の疑問も持たず祖父母の下で暮らしてたのにねw
母としても、嫌い、ばあちゃんがいいと言われた記憶のままで止まってるし、
いきなり「娘だよ!」と現れても困惑するのは当たり前だわ。
しかも当時の傷は相当深いみたいだし。

563: 名無しさん@HOME 2009/04/11(土) 02:09:09 0
わが子を愛せない母親というのも辛いだろうね
世間では母親は子供には無償の愛を注ぐもの
お腹を痛めて産んだ子供が可愛くないはずがないという母性絶対信仰があるから。
Aも自分が会いたいと言えば、母親は無条件で受け入れてくれると思っていたんだろう。
でももうそれが出来ないほど、母親は疲れ、壊れてしまったんだね。切ない話だ。

564: 名無しさん@HOME 2009/04/11(土) 02:13:38 0
和解=母親が許すって事だからなぁ。
許すって行為もツライ事だよね。
母親を無視する行為=褒められるって空気を子供ながらに察して動いてたんだろうな。
>>「かあちゃんいなくてもばあちゃんいればいい。」
って認識してんのに、「お母さんの絵」であえてばあちゃん描いてんだもんな。

565: 名無しさん@HOME 2009/04/11(土) 02:18:32 0
ああそうか
母親の存在は理解してるのに
「お母さんの絵描きましょうね」って言われて祖母の絵描いたのか
祖母が母親だったらいいのにって心底思ってたってことだよね
そりゃ母親としちゃショックどころの話じゃないね

567: 名無しさん@HOME 2009/04/11(土) 02:41:52 O
母親の新しい家族にとっては迷惑でしかなかったろうね
子供が会いに来たことによってまた症状が悪化したんだろうから
会いに来ないでくれってのは母親の意見でもあり家族の意見でもあり

568: 名無しさん@HOME 2009/04/11(土) 03:01:00 O
Aを責めるのは違うと思う。
Aにその状況で何かができたとは思えないし…。
が、Aは母親から接触ないかぎりはもう近付くべきじゃないんだろうなな。
それが最良の親孝行だろう…悲しいけど。
A母の傷が新しい家庭で少しでも癒えているといいねえ……。
しかしこのA父むかつく。
こいつが一番責められるべきだろうに。

569: 名無しさん@HOME 2009/04/11(土) 03:07:39 0
すくなくともお母さんの似顔絵を全部トメの似顔絵にしていたのは自覚していたのに
そのうえで母を腹立たしくもあり、憎らしい存在よばわりしてるんだからA本人も相当腐ってると思うよ

570: 名無しさん@HOME 2009/04/11(土) 03:22:42 0
幼い子にそこまでの判断力はないよ。
人間の基本は快か不快かのどちらか。
幼い子にとって叱られない、甘やかされ放題=わがままし放題は
原則、快の連続だ。一種の脳内麻薬だよ。
脳内麻薬を売った人がトメだったわけ。

長じて麻薬中毒から立ち直っても
麻薬中毒者の’暴行’の犠牲になった人が
心を病んでいたらどうしようもないよね。

571: 名無しさん@HOME 2009/04/11(土) 03:39:46 0
なんつうか・・・・・母親って大変だな

神様でもない普通の一般的な人間なのに
母親ってだけで、全てを許して全てを受け入れて、全てに勝たなけりゃならない
しかも当の本人でもない、何のかかわりも無い周りからすら
「もっと戦え」「もっと優しく」「もっと厳しく」「もっと甘やかせ」「もっと叱れ」


こういうの見るたびに、本当に母親じゃなくて良かったって思う