29: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/07/22(火) 22:47:58
古いPC弄ってたら、付き合う前に嫁が書き込んだ2chのログを発見した記念。


情報処理実習室っていうの?要するに学校のPC教室ね。
そこの機材を刷新する仕事請けて同僚と二人で出かけたら、道に迷った。
でも方向音痴も俺くらい年季入ると、道に迷ったくらいじゃ慌てないよ、
すかさずその辺歩いてた制服の学生さんに、テンパりながら名刺出して聞いたね。

俺「あ、あの、失礼します。私は株式会社○○の△▽と申しま~略~
  □□高等学校にはどう行けば良いのでしょうか?」
学生さん「そこは私共の学校ですので、ご案内いたします」
↑一言一句はたぶんいい加減

帰宅途中だっただろうに、わざわざ学校まで戻ってくれた優しさと、
恐縮して反射的に学校名学年とクラスまで付けて、丁寧に自己紹介してくれたのが
なんか可愛くて、妙に印象に残ってた。

その後何度か学校に通ううちになぜか良く会って、結局、若さと勢いに押し切られた。
後から聞いたら、ちっとも「なぜか」じゃなかったんだけど。



『迷子のお知らせを致します。○○ぽろり君のお連れ様~w』→客「プークスクス」→ぽろり君ママ「」

妻がパート先でアルバイトの大学生(男)に告白された。

嫁が、近所の開業医と浮気。ホテルの従業員を買収して盗聴録音し、CDに焼いて開業医の奥さんに郵送した。

嫁『かなえさんって方と仲が良いようね?子供達まで手懐けて!もう一緒に暮らせば?(怒』→子供達大喜び!

つり銭ドロ?に間違われた。店員「もういいよ」→俺「何がもういいんですか?(怒」→店員「もういいって言ってるだろ!」

財布を落としたという客に、落し物の2つの財布を見せると、「これでいいや」と分厚い方の財布を取ろうとしたので...。

姑の葬儀で。棺桶抱いて大泣きしてる夫の横で、嫁が「お義母さんが死んでくれて本当に嬉しい」と恨み言スピーチ。


30: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/07/22(火) 22:55:25
>付き合う前に嫁が書き込んだ2chのログ

この辺詳しく

31: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/07/23(水) 01:20:54
>>30
いいけど、のろけるぞ。

夏休みの時期に実際の構築やってたから、俺その頃何度か学校行ってたんだ。
そしたら、同じ頃に、部活で学校行ってる友達が俺と会ったのがうらやましいとか、
接点無さ過ぎてどうすれば仲良くなれるのか解らないとか、
別にカッコいい訳じゃないけど感じが良いとか、優しそうだとか…
なんか会ったばかりの頃のしっかりした印象とは微妙に違う、
いかにも青い、ちょっとはしゃいだ雰囲気の書き込みを純情恋愛板にしてた。

本気で恥ずかしがって、やめてーやめてー言ってる嫁さん振り切りながらそのスレ読んだら、
懐かしいやらくすぐったいやらで、このスレに書き込まずにはいられなかったよ

34: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/07/23(水) 07:02:07
>>29
>ちっとも「なぜか」じゃなかったんだけど。
この辺も詳しくしてもらおうか。

35: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/07/23(水) 14:36:28
そりゃわざわざ会いに来てたんだろう

36: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/07/24(木) 00:27:09
歳の差がどれくらいあるのか気になるのだが・・・

37: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/07/24(木) 01:24:30
そう、わざわざ会い来てた。

夏休みのうちになんとか、せめてメールアドレスだけでも
教えてもらいたいって、部活だの、友達と自習室で勉強会だの
補習だのって、虚実交えていろいろ理由を考えながら、
さりげなく俺に会おうと思って学校来てたんだって。

正直おっさんだし、年齢差から言っても、当時の俺としては
相手が誰であれ色恋沙汰なんて有り得なかったんで、
俺に会いたいだけで学校通ってるなんて、ちっとも考えなかった。

お昼時に会ったら近所のおいしい店教えてくれたり、
学校の話をいろいろ聞かせてくれたり、ただ親切な子だなと
単純に思ってたら、たまたま一緒に連れてた後輩にからかい半分で
「あーあれは恋する乙女の目ですね」とかなんとか言われて。
妙に意識してしまう様になったのはそれから。

俺の方は恋愛感情なんか無かったんだけど、それでもだんだん仲良くなって、
初めて会った時の俺の名刺をいつも生徒手帳にいれてたとか、
そういう話をいろいろ聞かされてるうちに、拒絶しきれなくなった。

その頃の俺31歳、嫁さん17歳

38: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/07/24(木) 03:20:09
むは~よろしおすな~

39: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/07/24(木) 08:37:00
ゴルゴはんもまた忙しゅうなりやすやろなー

40: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/07/24(木) 09:12:52
14歳差どすか・・・依頼も殺到するに決まっておす

42: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/07/24(木) 15:19:44
ありえないといいつつ
実は結構嬉しかったんじゃないの?
正直に白状しる!

50: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/07/25(金) 01:35:15
>>42
いやいや、本当に有り得ない筈だったんだって。

空気が辛気臭くなっちゃったら申し訳ないんだが、その頃は学生結婚した
最初の嫁さんと死別して3年。別の誰かとまたそういう関係になるなんて、
冗談でも考えられない心境。

高校生に好意持たれてるって解っても、どうしてよりにもよって俺なの?
俺のどこが良いの?って、嬉しいどころか頭の中は疑問と困惑しか無い。

十代の女の子からまっすぐストレートにぶつけられる感情の扱いっていうのは、
歳のわりに恋愛経験の少ない俺にとっては大変な難題だったんだよ。

今じゃ嫁さんも、あの頃は勢いで押す事しかできなくて。とか言って笑うけどさ。


というかそろそろスレ違い?

52: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/07/25(金) 01:51:03
過疎スレだし少し位ならイインジャネ?

51: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/07/25(金) 01:42:33
だって好きなんだもん!

54: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/07/25(金) 02:14:06
死別・・・・・・・

55: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/07/25(金) 02:22:46
そんな若くして死別ってどれだけ辛い状況なんだ

幸せになれてよかったな

57: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/07/25(金) 08:30:27
そんな辛すぎる出来事があっての新たな出会いだったのか。
でもゴルゴはキャンセルきかねーだろーなぁw

59: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/07/26(土) 11:52:47
そんな状態の男を振り向かせて、
結局あきらめずに結婚までしちゃうんだから
奥さま、なんつーかスゴイな
めちゃくちゃカワイイんだろうなw

やっぱゴルゴのキャンセルなナシでw

60: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/07/26(土) 22:47:59
大変申し上げにくいんですが
嫌じゃなかったら、最初の奥さんとの
初めての会話にも興味があったりしまして

63: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/07/28(月) 00:16:42
>>60
そんなに気を使わないでくれw

別に嫌じゃないから書いてしまうが、結婚前の関係は俺の妹の友達の姉。
お互いの妹同士が付き合いの長い友達だったから、存在そのものは知って
たんだが、直接の面識は全然無かった。

初めて話したのは、妹がそのお姉さんに勉強を教わりに行った日。
友達何人かで集まって教わるというので、お礼兼ねて差し入れを持たせた。
近所の店で選んだ、ケーキいろいろの詰め合わせ。

しっかり勉強教えてもらって帰ってきたその日の夜、うちに掛かってきた電話が
最初の会話。

「いつもお世話になっております、○○の姉の△△と申します」
「こちらこそお世話になっております」

社交辞令と言えばそれまでなんだが、しっかした言葉遣いや落ち着いた態度、
それと、実は有名な店だったらしい差し入れのケーキの話をする時の、ほんの
少しだけ弾んで聞こえた優しい声が印象に残った。

その後、お互い相手に興味を持ったのを察した妹達の暗躍で、いろいろあって
付き合いはじめた。俺も嫁さんも大学一年のときの話。

たいした話じゃないわりに、少し美化ものろけも入ってる感じだけど勘弁してな。

65: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/07/28(月) 11:49:29
>>63
大学1年でその気配りかよ
ってか暗躍の妹GJだったな

56: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/07/25(金) 02:29:39
いい男にはいくらでも出会いがくるものなんだな。

※アクセスの多い人気記事

 義兄嫁に足の爪を切らせたら、後日、13万円の請求書が送られてきた。

認知症の母の介護をしてる兄夫婦に、遺産を持っていかれそう。介護しない私にも、半分の権利ありますよね。

回転寿司で。自分の高額皿を、こっちに混ぜようとしてきたババア「私は食べてない!」→職人「いやあんた頼んだろ」

付き合って8年、そろそろ結婚を考えていたら、彼(32)「俺は医者になる。医学部に行く」→私「は?」

両親が亡くなり、私は天涯孤独に。ある日、住職「ご両親のお墓参りに来た女性が、あなたに会いたいと言ってる」

嫁が交通費5千円も掛かる遠くの教習所に通いたいと言い出した。わざわざ遠くに通う理由を聞いたら…。

元彼『2人で撮ったきわどい写真がまだあるんだけどどうする?』→私「消して!」→元彼『じゃあ1回会おうよ』

田んぼを杜撰に埋め立てた弱い土地に、カラフルな住宅が10数軒建った→すぐに完売→結果…。

居酒屋で「戦前の日本のせいで選挙権がない」とクダを巻いていた在日韓国人に、オーナーが「なら帰化するか国に帰れ。どうせ兵役が嫌なんだろ!」

私はホステス。接客中に突然黙り込んだお客さんの頬を、ペチペチと叩いたらブチ切れ!警察に通報され「傷害罪で事件にする」と言い出した。

震災時、職業のせいで他の避難民から身包みを剥がされて奴隷にされた。

俺の子を妊娠した浮気相手が、子供捨てて失踪。嫁が実子と同じように育ててくれたが、今更になって女が「子供を返せ!」と...。

ケーキ入刀の時に、障害児がケーキに顔から突っ込んでガツガツ!そして、私のウェディングドレスにオエーッと吐いた…。
妻と初めてした会話 3言目
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1215835162/