涙が出るほどいい話
http://life5.2ch.net/test/read.cgi/healing/1078990472/
915: もう少しここに ◆16i1keR0oc 04/10/12 20:42:23 ID:jtjoC2JB
長文になりますが、読んでいただけたらうれしいです。
「Pink」

6年ほど前の今頃は、花屋に勤めていた。毎日エプロンをつけて店先に立っていた。
ある日、小学校一年生ぐらいの女の子がひとりで花を買いに来た。 淡いベージュのセーターにピンクのチェックのスカート。
肩の辺りで切り揃えた髪が、動く度に揺れて愛らしい。フラワーキーパーの前に立ち止まり、真剣な面持ちで花を選んでいる。


25才のはずの彼女の免許証を見たら37才だったんだが...。

単身赴任中の夫に、無記名の手紙が届いた。内容は、写真付きで妻の不倫や子供への虐待の詳細等々...。

俺は身の程も弁えず、爪を隠した鷹の前でいい気になっていた雀だった。

買い物中、私の私物を盗んだ泥ママに返せと言ってたら、店員が登場。泥「ちょうど良かった!この人頭おかしいの」

春休み中、クラスの子に「自分のはクリーニング中だから制服貸して!」と頼まれ貸したら、ネットで売られた。

ガキの親に電話をしたが、話にならないので電話を切った。俺「おい警察行くぞ」→ガキ『は、はい…』

夫が2ちゃんねるで悩みを相談した結果、離婚する事になりました。私の努力も2chの人達は全否定でした。


母の日でもないし、クリスマスでもないし、何のプレゼントかなぁと思って、
しばらく様子を見ていた。あっちを見たりこっちを見たり、あまりにも一生懸命でなかなか決まらない様子だったので、
「誰かにプレゼントするの?お誕生日?」と声をかけてみた。
少女は首を横に振る。「お母さんにあげる」と言う。 「お母さんお花が好きなん?」と聞くと、
今度は首を縦に振る。 こんなおっさんが相手したら緊張して言葉にならないかなと思って、
ニコニコ笑顔をがんばってみた。しかし、少女の口から思いがけない言葉を聞いて、胸がつまった。

「パパが死んじゃったの。ママ元気ないの。だからお花あげるの。」
そんな言葉を口にしながら、一生懸命お花を選んでいる。泣きたい気持ちで爆発しそうになった。
「そっかぁ。。。お母さんきっと喜ぶねぇ。」笑顔を頑張れなくなってきた。

それから色々話を聞いてみると、つい最近お父さんが亡くなったこと、お母さんが時々泣いてるのを見かけること、
おばあちゃんに、お母さんがどうしたら元気になるか聞いたら、お花がいいよって教えてもらったことがわかった。

レジの後ろへ駆け込んで、しゃがみこんで急いで涙を拭いて、パンッパンッと頬っぺたを叩いて気合いを入れなおした。

「どれにしよっか?お母さん何が好きかなぁ?」
「これがいい。」指の先にはチューリップ。鮮やかな明るいオレンジ色。
「うん、チューリップかわいいね。じゃあ、リボンつけるからちょっと待ってて。」女の子は大人しくじっと見ている。
「お母さん早く元気になるといいね。」
「うん。」

出来上がった花束を大事そうに抱えて、ニッコリ笑ってくれた。
「ありがとう」「気をつけてね。バイバイ」と言って手を振った。元気よく手を振りかえしてくれると思ったら、ぺこりとおじぎをした。
小さな女の子が頭を下げる姿を見て、限界に来た。どしゃぶりの雨のように涙が溢れて止まらなくなった。
もっと他に言ってあげられることはなかったか、してあげられることはなかったか。 そんな時に限って何にも出てこない。

急に思い立って、駆けていく少女を追いかけた。「ちょっと待って!」
振り返ってきょとんとしている。「ちょっとだけ待ってて。」

店に入ってきたばかりの小さな小さなチューリップの鉢植えを急いでラッピングして、
メッセージカードに「はやくげんきになりますように」とひらがなで書いた。
その時初めて名前を聞いた。「みかより」と書き添えた。

「これもいっしょにプレゼントしてあげてな。これは親指姫っていう名前の
チューリップやねん。かわいいでしょ?」
「うん。ありがとう。」もう一度、さっきより、もっといい顔をしてくれた。
「バイバイ。ありがとうね。」 「バイバーイ。」 花よりも何よりも、輝くように明るい笑顔だった。

後日、お母さんと、おばあちゃんと、みかちゃんが店にやってきた。
わざわざお礼を言いに来てくださったのだ。ピンクのチューリップで
花束を注文してくださった。

「この子はピンクが好きなんです。私がオレンジ色が好きなものですから、こないだはオレンジを選んでくれたみたいで。」
みかちゃんはただニコニコしている。

花束を本当に嬉しそうに抱えながら、お母さんとおばあちゃんを交互に見上げる。
「よかったね」おばあちゃんが頭をなぜる。お母さんは優しい顔で見ている。
「うん!」

お母さんはきっと元気になられたことだろう。 小さな小さなみかちゃんの笑顔は、今も明るく輝いていることだろう。

長文、大変失礼いたしました。

916: 癒されたい名無しさん 04/10/12 21:19:46 ID:UL7zb8zP
。・゚・(ノД`)・゚・。 みかちゃんがいつまでも素直な子でありますように

917: 癒されたい名無しさん 04/10/12 21:25:22 ID:Jekchywm
>>915
泣けはしなかったけど、

マジでえぇ話や……。

※アクセスの多い人気記事

 災害出動する自衛官の兄から「遺書」を渡された。

夫が突然現れて、私の不倫相手を飛び蹴りで吹っ飛ばすと、私に茶封筒を手渡して去っていった。

深夜1時に男2人が訪ねてきて『水道局です。水質調査に来ました。』

会社の同僚に口説かれてると伝えてもニヤニヤ面白がっていた旦那が、ある一通のメールにブチ切れた。

保健室の先生(男)にメールで悩み相談をしていたら、ある日を境にウィルスメール等がくるようになった。

ママ友『そこまで言うなら返すよ。ただうちの息子が涙を流すであろうことは忘れないで!』

突然、泣きながら電話で別れを告げてきた彼を説得するためにファミレスに行くと、彼の姪っ子が同席していた。

ファミレスでコーヒー飲んでたら、近くの子連れ女達が「ドリンクバーどうする?」「あそこの人(私)にグラス借りる?」

福引で大型テレビが当たって大喜びから一転、近所の爺さんに目撃されていたせいで不幸な結果に...。

彼の実家の玄関には、「女」と書かれた漬物石が置いてあった。石女?不妊理由は彼の方にある...

妻と娘に邪険にされ続けてきたお父さんが、娘の中学卒業と同時に、置手紙残して蒸発した。

姑と一緒になって私をイビる夫に離婚届を突きつけたら、泣きながら土下座して離婚届を食べてしまった。