(⊃д`) せつない想い出 その6 (´・ω・`)
http://www.logsoku.com/r/2ch.net/kankon/1095822141/
493: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:04/12/12 18:30:29 ID:SAtrbW1A
もう10年も前の話
妻が他界して1年がたった頃、当時8歳の娘と3歳の息子がいた。
妻がいなくなったことをまだ理解できないでいる息子に対して、私はどう接してやればいいのか、父親としての不甲斐なさに悩まされていた。
実際私も、妻の面影を追う毎日であった。寂しさが家中を包み込んでいるようだった。
そんな時、私は仕事の都合で家を空けることになり、実家の母にしばらくきてもらうことになった。
出張中、何度も自宅へ電話をかけ、子供たちの声を聞いた。
2人を安心させるつもりだったが、心安らぐのは私のほうだった気がする。


舅「俺の所有する築30年の家に住め」→私たち夫婦でオシャレに改装→舅「娘にやるから出て行け」

彼女が俺の左手をチラチラ見てる。俺「どしたの?」→彼女『な、なんでもない!・・・(チラチラ』

有名大学への推薦が決まってた高校生が万引き。土下座する高校生を無視して通報した結果…。

親戚『今どこにいる!?結婚式始まるぞ!』→夫「フランスだけど…結婚式って誰の?」→親戚『お前達のだ』

兄嫁が、私の名前でA旦那と不倫。人違いで夢だった仕事を首になったと知って発狂する私に、A奥が土下座してきた。

実家に寄生する兄夫婦。兄嫁「私の家族を呼んで子供の誕生会をするので、お義母さん達は出かけてください」→父ブチ切れ!

7月7日生まれの娘に、『妃七夕』と名付けた。娘よ・・・ごめん。

酔った勢いで嫁に『もう仕事を辞めてやる、月曜から会社いかん』と言った結果…。


そんな矢先、息子の通っている幼稚園の運動会があった。
“ママとおどろう”だったか、そんなタイトルのプログラムがあり、
園児と母親が手をつなぎ、輪になってお遊戯をするような内容だった。
こんなときにそんなプログラムを組むなんて・・・

「まぁ、行くよ♪」 娘だった。
息子も笑顔で娘の手をとり、二人は楽しそうに走っていった。
一瞬、私は訳が分からずに呆然としていた。
隣に座っていた母がこう言った。

あなたがこの間、九州へ行っていた時に、
正樹はいつものように泣いて、お姉ちゃんを困らせていたのね。
そうしたら、お姉ちゃんは正樹に、
「ママはもういなくなっちゃったけど、お姉ちゃんがいるでしょ?」
「本当はパパだってとってもさみしいの、」
「だけどパパは泣いたりしないでしょ?」
「それはね、パパが男の子だからなんだよ。まぁも男の子だよね。」
「だから、だいじょうぶだよね?」
「お姉ちゃんが、パパとまぁのママになるから。」
そう言っていたのよ。

494: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:04/12/12 18:30:54 ID:SAtrbW1A
何ということだ。娘が私の変わりにこの家を守ろうとしている。
場所もわきまえず、流れてくる涙を止めることが出来なかった。

10年たった今、無性にあの頃のことを思い出し、また涙が出てくる。
来年から上京する娘、おとうさんは君に何かしてあげられたかい?

君に今、どうしても伝えたいことがある。
支えてくれてありがとう。君は最高のママだったよ。
私にとっても、正樹にとっても。
ありがとう。

長文、失礼致しました。

496: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:04/12/12 19:29:06 ID:2DbS95KX
・゚・つД`)・゚・。

497: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:04/12/12 20:28:36 ID:3XZ+gj4F
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

508: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:04/12/14 02:24:18 ID:8YFc8Dbf
493-494 を読んで自分の子供の頃を思い出した。
情けない話ではあるのだけれど。

俺は5歳の時に母親を事故で亡くした。

母の日に、母に似顔絵をプレゼントしましょうという
行事は当然のように切ないのだが、もっと辛かったのは
教師に代わりに父の絵を書くように言われて、咄嗟に顔が
思い出せなかったことだ。

父が遅くまで俺たちの生活を支えるために必死に働いていることくらい、
いくら幼いったって理解はできる。
俺は、顔をすぐに思い出せないくらい家にほとんど居られない
父に申し訳ない気持ちで一杯だった。今でも思い出すと胸が苦しくなる。

父のことはその時も、今も感謝しているし、大好きだ。
照れくさくて言わないけどね。

511: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:04/12/14 14:26:48 ID:y5HNxS/C
一言でいいから伝えろよ。
今ならパパンのサンタさんにでもなれよ。
贈り物はたった一言でいいからさ。

※アクセスの多い人気記事

 後頭部のニキビ?を放置してたら、家族に見つかり強制的に病院へ→医者がチームを組んでの大手術に…。

実家に嫁を連れて帰ったら、普段は大人しい妹が発狂して嫁に突進した。

軽自動車から総勢12人がゾロゾロと降りてきた。

一見さんお断りの小料理屋に再三の取材交渉。熱意にほだされた店主は、一度だけ掲載許可を出したが…。

外国人を居酒屋デビューさせると大抵疲れます。

親が再婚して名字が変わったら、俺のフルネームが楽器になってワロタ・・・。

しょっちゅう『タバサちゃん?』と娘の名前を間違われるので、妹に相談したらショックな事を言われた。

夫に捨てられるのが怖くて、顔色を伺いながらの毎日。そんな私の様子にウンザリした夫から、別居を切り出された。

舅が、風呂場で私の下着を嗅いだり舐めたりしてる場面に遭遇。あまりの事に、どうしていいか分かりません...。

婚約指輪を盗んだ女(36)『これで送り主の男は私と結婚!やったぜ!』

彼女「妊娠しちゃった」→俺(出来婚か。まぁーいいか)→彼女「でね、別れて欲しいの」→俺『は?』

子連れ女「大きいケーキ!交換して」→私「夫の誕生日ケーキなので…」→怒った女が強奪してきてケーキが崩れた。

弟嫁に借金を頼まれて無利子で貸した。借用書を渡すと、目の前でビリビリに破かれて「人でなし!守銭奴!」