538: 素敵な旦那様 2005/06/14(火) 13:17:44
1 名前: 恋する名無しさん 投稿日: 2005/06/03(金) 14:37:31
3年前俺は事故で完全に盲目になった
当時付き合っていた彼女は、普段は俺が大好きだとか愛してるとかそればかり言っていたくせに
俺が目が見えなくなってしまってから手のひらを返したようにいなくなった
結婚までしようと俺は考えていたので本当にショックだった。俺はその程度だったのかと
それからの生活は一変し、気づけば周りの人達は俺から離れていなくなっていた
はじめは暗闇の中での生活に恐怖を感じていたので周りに気を向けるヒマもなかった
気づいたころには友人とも付き合いはなくなり、
元々仲がいいわけではなかった兄もしょうがなく面倒を見てるといった感じ
そもそもこの事故は前彼女を庇った時に巻き込まれて失明したので、いなくなった前彼女に怒りや憎しみを覚えることすらあった
今思えばその頃は怒りを向けることで一時的にでも自分のことから逃れられていたのでそれが楽だったのかもしれない
しかししばらく時がたつとそれすらも億劫になるようになり、毎日ボーっとするだけの日々をすごすようになった
何かをやろうとしても目が見えないのだから何もすることが出来ない
一人では何ひとつできることがないのある
何度も死んじゃおっか…とも思った
けれどそんな俺にも2人だけ頼れる友人がいた
中学時代からの本当の親友A(男)とB(女)
嫌なことも楽しかったことも色々あったが、目が見えない中そいつらとの楽しかった日々の思い出だけがいつまでも焼きついて離れない



年末に特急の指定席に座っていたら、自由席に座れなかった人たちと言い争いになった。

母が死に際に『ごめんなさいね、○○さん』と言って亡くなった→○○さんと聞いて父フリーズ…。

宝くじ売り場『70万円当たってますよ!』俺「やったぜ!」→隣にいた婆が俺の後をついてきた…。

【ATM】女「あのー子供がいるんですけど!」→私『はぁ』→女「先いいですか?子供がいるので」

『おたくの職員が店で暴れて金を払わずに帰った』と市役所に苦情を入れたら、翌日wwww

嫁が激しい闘病生活の末、若くして亡くなって五年後、こんな手紙が届いた。

旦那が転職したんだけど、月収が額面30万円位らしい。大人2人どうやって暮らしていけと言うのか。

【衝撃】ある主婦を万引きで警察送りにしたら、なぜか万引き被害が急上昇したんだが、その理由が…。


539: 素敵な旦那様 2005/06/14(火) 13:17:58
春 車で500kmも離れた桜の名所まで行って一緒に花見をしたこと
夏 新しい水着を買って海にいきスイカ割をし夜はカレーを作りバーベキューをしテントで朝まで語りあったこと
秋 食欲の秋だのなんだの騒ぎつつ食べ歩きをしながら旅をしたこと
冬 スキー板をつんでホテルを予約し朝からナイターまですべり通し巨大雪だるまを作って遊んだこと

もっともっと書きつくせないほどの楽しいことが一杯あった
俺はAがBを好きなのを知っていたのでたまに気を利かせ二人きりにしたりしたが
Aはあとから余計なことすんな、と照れ隠しに言ってきたりもした
去り際Aが小声でサンキュッと言ったりしていたのが耳に残っている


そして4年前俺は一人就職のために地元を離れた
しばらくして俺に彼女が出来たといったらAもBも本当にうれしそうにお祝いのメールを送ってくれたこともあった
幸せの最高期とでもいうのだろうか?それくらい毎日が充実していた

しかしその1年後全てが…壊れた……

540: 素敵な旦那様 2005/06/14(火) 13:18:17
仕事もクビになり地元に戻ってきた俺をそれでも暖かく迎えてくれたAとB
目が見えなくなった時も気分は半分冷めていたのだがこの時ばかりは号泣してしまった

そして月日は立ち2年前のある日俺はAと居酒屋で飲んでいた時に酔ったAがポロッと口を滑らせた
「Bはお前(俺)が就職して地元を去ってからも毎日お前を思っていた」と
Aが言うにはさらに前からBは俺のことが好きだったらしい
それを知っていたからAはBが好きでも告白をしなかったのだと俺は知った
そして俺のことが好きでありながら俺に彼女が出来た時に自分のことのように本当に喜んでくれていたB
「まぁ、俺はお前ならいいと思っていたからな…」
と、Aにも言われ俺は泣いてしまった

そして数ヵ月後Bに告白され付き合うことになった
完全に盲目の俺と付き合うことは並大抵のことではなかったと思う
色々と迷惑もかけ、それでも俺のことを好きだと言ってくれたB

1年前に俺はBと結婚した
結婚式の参列者はAだけの3人での結婚式
綺麗なドレスも豪華な食事も何も無い指輪の交換だけのささやかな結婚式であったが
俺達はそれだけでも世界で一番幸せな結婚式であったと胸を張って言える
キスしろキスしろと二人をひやかすAであったが、仮にも自分が本当に好きであった女を取られるのである
悔しくないわけがない
俺は心の中でAに感謝しながらBに口付けをした
その時わずかにAの嗚咽が聞こえた気がしたが俺は聞こえない振りをした

そして念願の子供を授かる
子供の顔を見れないのが残念といえば残念だが、いてくれるだけで俺には十分だった

しかし幸せも束の間、1ヶ月後に急にBが倒れ病院に運ばれた
結果は原因不明の重態、数々の治療を試みるもその3週間後に亡くなった

その後、俺は角膜の移植手術を受けた
Bが亡くなる前にもしものことがあったらと伝えておいたらしい

541: 素敵な旦那様 2005/06/14(火) 13:18:31
今俺の目にはBの角膜が生きている
光を見ることができる
それを目が見えない間も取り続けた写真を今見ながら感じている
写真の中にはぎこちなく笑う俺と満面の笑みを浮かべたBが並んで写っていた

そして何よりも…愛するわが子の顔、仕草を見ることができ自らの意思で抱きしめてあげることが出来た……


まだBの死を割り切ることは出来ない
夜も一人で泣いてしまうこともある
そんな簡単に割り切ることは絶対に出来ないけど
いつか笑顔で笑える日がくるように俺は強くなろうと思う
目の前の一つだけの笑顔を絶対に守り切れるように

542: 素敵な旦那様 2005/06/14(火) 14:03:01
。・;+゜・(ノД`):・゜+:・。

543: 素敵な旦那様 2005/06/14(火) 15:49:29
何で盲目なのに書き込めるんだと思ってた
そういうオチだったのか

感動した

544: 素敵な旦那様 2005/06/14(火) 18:11:18
久しぶりに泣けた

548: 素敵な旦那様 2005/06/15(水) 01:36:52
事故で盲目になって、角膜移植で直るって言うのがなんとも・・・
つーかそれで直るんら何年も苦しまずすぐに受けりゃ良い訳で・・・

549: 素敵な旦那様 2005/06/15(水) 09:59:38
そんな簡単に提供者が出てくるわけじゃないんじゃ?

552: 素敵な旦那様 2005/06/16(木) 02:26:01
いい話だが、マジレスすると角膜の提供者って結構いるんだよな。
俺の知り合いは3ヶ月目であっさり見つかったし、その時聞いてみたら「平均3~6ヶ月で提供者はみつかりますよ」とのこと。
しかも角膜は拒絶反応についてはまだわかってないから、提供者が出たら即手術って感じだから。

まぁ、フィクションとしてはいい感じだということで。

555: 素敵な旦那様 2005/06/19(日) 21:42:28
角膜って拒絶反応ないの?
不思議だなあ・・・

557: 素敵な旦那様 2005/06/19(日) 22:46:06
生体肝移植でも倫理観の違いで受けない人もいるし。
亡くなった人、もしくは見ず知らずの人の角膜もらうのいやだったんでない?
話は飛ぶが角膜が3-6ヶ月で済むのは
アメリカとかオーストラリアから輸入してるからだそうだ。

559: 素敵な旦那様 2005/06/19(日) 22:52:10
関係ないが、
俺はドナーカード持ってるんだが、角膜だけはやめてくれって嫁に言われたなぁ。
棺おけの外から見えるから、顔だけは傷つけないでくれって言われた。

561: 素敵な旦那様 2005/06/20(月) 01:24:40
無粋な話が続くから補正しておくけど、
角膜のドナーを部分的に指定(輸入はイヤとか、一時感染症で話題になった)したり、
心理的に手術に同意できない患者もいるから3年待つ人も現実にはいるよ。
しょうもない話では、その病院の環境にもよるし・・。

563: 素敵な旦那様 2005/06/21(火) 04:15:13
>>538-541 に近い話だけど。

俺の中学時代からの友人にAという男がいる。
大学時代に不釣合いなほど可愛い女性と知り合い、大恋愛の末23歳で結婚した。
幸せだったある日、事故に巻き込まれ怪我をして、失明をした。
角膜移植をすれば目はある程度見えるようになるらしいが、同時に別の特殊な手術も必要なことと、
その事故で片腕を無くした精神的なショックからか、角膜移植を拒否していた。
嫁さんは献身的に世話をしていたが、Aは目が見えないもどかしさや突然目を失ったことの怒りを嫁さんにぶつけることしかできず、
たまに俺が見舞いに行くと、嫁に申し訳が無い、早く離婚したい、嫁はまだ若くて可愛いから俺より良い男がいるはずだ、と泣いていた。
Aは一旦退院し、リハビリ通院を続けていた。
そんなある日、また別の不幸がAを襲った。
Aの嫁が仕事から帰る途中倒れ、病院に運ばれたのだ。
検査結果、リンパに癌があることがわかった。
即手術をすることになったが、その日から逆にAが嫁の身の回りの世話をするようになった。
目が見えないながらも、看護婦さんや介助の人に手伝ってもらい、なんとかこなしていたらしい。
俺はちょうど仕事の山場でなかなか見舞いにいけなかったが、嫁さんの手術が終わってしばらくしてから一度見舞いにいった。
すると、そのベッドには昔の見る影もないほど輪郭の崩れた嫁さんがいた。
どうもリンパの手術の後、物を食べることができず首や頬あたりの筋肉を一切使わなかったため弛んでしまったらしい。
ブルドックのように垂れた頬と異様に太った首。
顔に出していないつもりでも、俺の驚きに気づいたのか嫁さんは「いっきに100歳くらいのおばあちゃんになったみたいで、恥ずかしい」と笑ってみせた。
「でも、Aクンに見られてないからいいの。不謹慎かもしれないけど、Aクンの目が見えなくて良かったって思うの。
もし、私が死んでもAクンのなかではキレイなころの私をずっと覚えていてもらえるから」
笑いながら、でも、眼の端にうっすら涙をうかべながら彼女はそういった。
このとき、俺は知らされなかったが、癌が他にも転移していて、もう手の施しようがない状態だったらしい。
数ヶ月後、彼女は病院でAに看取られながらこの世を去った。

564: 素敵な旦那様 2005/06/21(火) 04:16:15
彼女は生前、医者と相談しもし自分が死んだら角膜を旦那に移植して欲しい、と言い残していた。
Aは悩んだ。
悩みに悩んだ末、移植を拒否した。
通夜の日、ひさびさに酔っ払ったAの隣に俺はいた。
Aは涙をぽろぽろこぼしながら「嫁さんの気持ちもわかるんだ。痛いほどわかるんだ。
でも、あれだけ迷惑をかけた嫁の目を貰うわけにいかないんだよ。
それにな・・・何より、嫁の顔に傷をつけたくないんだよ。
知ってるか?眼を取ったあと、義眼をいれるんだよ。
ニセモノの眼であいつあの世でどうやって生活するんだよ。
眼が見えないのは俺だけで充分だよ。
嫁にはこれ以上苦労をかけられないんだよ・・・」
何度も繰り返しそう言っていた。
それから数年たち、Aは別の人から角膜移植をうけ、視力は一応回復していた。
今年の春も、二人で桜を見ながら酒を飲んでいた。
そして「あの時、嫁さんの目をもらっていれば、この景色は嫁さんにも見えていたんだろうかなぁ・・」とつぶやいていた。
「未だにあの時の選択が正しかったのか、間違っていたのかわからない」と。

565: 素敵な旦那様 2005/06/21(火) 04:17:20
オチらしいオチがなくてすまそ。

566: 素敵な旦那様 2005/06/21(火) 04:40:37
。・゚・(ノД`)・゚・。 うえええん

568: 素敵な旦那様 2005/06/21(火) 12:20:18
特殊な手術ってなんだ?
角膜移植事態が特殊な手術じゃねーの?
538に対抗して急いでつくったネタレスだろwww

569: 素敵な旦那様 2005/06/21(火) 16:14:36
>>568
ネタじゃないよ。
確かに角膜移植事態特殊な手術といわれればそうかもしれないが・・・
眼を事故(火傷や薬品の影響)なんかで失った場合、角膜を移植してもすぐにごってしまい、ほんの数年前までは移植しなほうが良い例とされていたらしい。
ところが、ここ数年で角膜の上皮をつくる幹細胞の移植が開発されて、そちらはかなり特殊技術がいるらしい。
(うる覚えな知識ですまん)
で、同時に極度のドライアイのような症状がおきるので、その治療も必要なうえ、
角膜だけ移植する手術より拒絶反応がでやすく、免疫抑制剤(だったと思う)をつかった手術が必要になるので、
普通の角膜移植より数段難しく特殊な手術らしい。

なんか聞きかじりの知識なので「らしい」ばっかりでスマン(´・ω・`)。

※アクセスの多い人気記事

 「アレルギーは甘えだ!」と言う親戚達に囲まれて、従妹は無理やり食べさせられた→結果…。

携帯アプリで私を追跡していた彼に、『お前浮気してんだろ?』と突き飛ばされた。

管理人『あなたの駐車スペースに届出のない車がよく停まっている』→俺には全く覚えがなかったが…。

俺「うちの畑の野菜を盗むな!」 子連れ女『ケチねー』→車で畑を潰された。

寒さでブルブル震えていた上品そうな奥様に親切にした結果…。

彼氏に母の形見の品を切り刻まれた!私「な、何やってんだ!!」→すると、彼はドヤ顔でこう言った・・・。

教師「Aをイジメていた者、イジメを知っていた者は立て」→俺以外、クラス42人全員が起立。俺だけが知らなかった理由が…!

ガストであまりの旨さに「シェフを呼んでくれ」と言ったら

嫁にプレゼントをしたら『人に物をやって不機嫌にさせる天才だね』と罵られ、離婚を切り出された。

出産を機に専業になったけど、夫に『洋服代と美容代は小遣いとは別に欲しい』と言ったら凄く嫌な顔をされた。

不倫の末の略奪婚なのに、結婚式の司会が2人の馴れ初めを詳しく説明しだした。

【前編】「お腹が痛い」という嫁の病院代を出さずにいたら、激怒した嫁の両親が嫁を連れ帰ってしまった。

【後編】「お腹が痛い」という嫁の病院代を出さずにいたら、激怒した嫁の両親が嫁を連れ帰ってしまった。