その神経が分からん!その10
kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1437324714

52: 名無しさん@おーぷん 2015/07/22(水)14:39:21 ID:Pv6
第一子が生まれて暫くして学資保険に入ろうと郵便局に行った時の話
受付で同世代くらい?のまじめそうな職員さんが話をしてくれるんだけど
どうもこちらの質問に歯切れの悪い答えばかりで内心「あまり詳しくないのかな?」ってちょっと不安だった


夫から「待望の赤ちゃん!2人の宝物が来てくれたね☆」と誤爆メール!私「不妊5年目だから仕方ないか(涙目」→帰宅すると夫は・・・

彼氏の実家に招待されたんだけど、彼両親が私を完全にシカト!なんとか1時間頑張って帰ったら、彼「ちょっと試したんだ、冗談だよ」

【地獄】私「妊娠した」間男「産んでもいいよ」私「嬉しい!」→自分の家族はどうでも良くなって、離婚届を持ち歩いていたある日・・・

『迷子のご案内を致します。お名前はじいにあ…ブプッ、じいに…ククッ…じ、じいにあすちゃん…です』→客「ブハッw」「クスクスww」→嫁「今笑ったの誰だぁぁぁあ!!」

うちの幼稚園では、入園の際に先生に菓子折りを渡す伝統があった。母「私は渡さないわ」→地獄を味わう事に…

電車内で、股間を全開にして新聞で隠してたオッサン「(お姉ちゃん、俺のモノを見て!)」→新聞を叩き落としたらwwww

【悪夢】初対面の彼女父を挨拶もなしにいきなりボコボコにした結果・・・

弟嫁『低学歴のフリーターで実家も貧乏です』→これは弟と私一家を試すための嘘だった。



暫く話をして掛け金の所で
「小さいうちは掛け金はさほど変わらないんですよ・・・
 亡くなったりする事も多いので。もう少し大きくなられてから改めて保険に入られても・・・」
って言いはじめた。私がその言葉を聞いてびっくりして固まっていると
その職員、よく聞こえてなかったと勘違いしたのか同じ説明を繰りかえす
正直、私の顔がこわばるのと同時に郵便局内が凍りついた感じがした

「掛け金が変わらず安い理由は確かに亡くなることが多いからなのかもしれないけど
生まれて数ヶ月の乳児連れた母親にその説明はないんじゃないですか?」
って思わず言ってた。いつもならトラブルは嫌だから華麗にスルーして聞き流せるのに。
この時は我慢ができなかった。
でも、私がそう言った後その職員さん何を言われているのかわからないって顔をしていた
とりあえずその時は考えますと言って帰った

職員さんは事実を伝えただけで、私が過剰に反応してしまったかと反省もしたけど
思い返すとやっぱりショックだった気持ちがよみがえる。
たとえ事実だとしてもさすがに物はいい様じゃないんだろうかって思った一件

53: 名無しさん@おーぷん 2015/07/22(水)15:01:15 ID:bKt
それだけ子供を手に掛けて金に換えようとする親が多いってことだよ

54: 名無しさん@おーぷん 2015/07/22(水)15:03:26 ID:6vc
学資保険の掛け金は親の年令で決まるはずだが

55: 名無しさん@おーぷん 2015/07/22(水)15:09:56 ID:0J6
>>52
いやいや、あなたの反応は間違ってないよ
あまりにも失礼すぎる
偉い人呼んでクレームつけていいレベルだよ

>>53
そういう話じゃないっしょ

※アクセスの多い人気記事

 夫がしょっちゅう家に友達(男女)を連れてきて飲み会!夫「お前も楽しんでるかと…」私「楽しいか!私は完全に家政婦だろうが!ふざけるな!」

「友達屋」のバイトしてるんだけど、新規の男性客と映画を観て「本日はありがとうございました」と帰ろうとしたら・・・

ボスママ「見て~!私さんって昔、男だったんだって!」私『!?』ママ達「ええ~!」ボス「旦那さんは同性愛者の変態ねw」私『・・・』

女だけど、満員電車で毎日男に痴漢行為を働いてた。数か月続けていたある日・・・

俺「フォーを注文したのに…これトムヤムクンでしょ?」店員「フォーです」俺「うそー」店員「フォーです」→店長がやってきて・・・

常連客「ネットで買ったお宅の餃子不味かったよ」私「うちはネット販売してませんが…」客「楽●にショップがあったよ?」→PCで確認したら・・・

客「天ざるそばのあたたかいの」私「天ぷらの盛り合わせとかけそばですね」客「違う」私「え?」→他の店員が呼ばれて・・・

私「先輩、好きです…!」先輩『デブ告白乙www』→ショックで10kg痩せたら、そいつがwwww

昔の俺『金目当ての女かどうか試して見極めなければ!』→合格した女と結婚した結果・・・

フリーターの彼氏との結婚を両親に反対されています。2人の気持ちより、お金にこだわる両親に幻滅しました・・・

完璧超人の彼に、私が勝っているのは『絵のうまさ』だけだった。ある日、彼の部屋で見つけたスケッチブックを見て愕然…。

嫁がおできを切開する事に。病院の待合室で待ってたら、医師「旦那さん、ちょっと手伝って(キレ気味」俺「え?」

モラハラ夫「専業の癖に!誰のお陰で飯が食えるんだ!」→私「さて、薬剤師の資格を使うか」→その後www