嗚咽 その9
https://www.logsoku.com/r/2ch.net/cafe30/1131567352/

371: 大人の名無しさん 2006/02/03(金) 14:16:22 ID:EQu6nDmx
去年のはじめ主人が亡くなった。大腸がんだった。
2人の娘を残して逝ってしまった。
腫瘍が見つかってからたったの半年しか生きられなかった。
まだ36歳。これからだって言うのに。
余命を告げられてからも元気な日は子供たちとたくさん外に出た。
働き虫で子供と接するのが苦手だった彼だが、
会社をやめてからはずっと子供と過ごしてくれた。
秋に北海道旅行もした。写真やビデオもたくさんとった。
しかし冬になって見る見る弱っていった。
※人気記事ランキング

  1. 児童施設で働く俺に、女性職員「男はいらない!」母親「娘が襲われた!」俺「!?」→老人施設に異動になった結果・・・

  2. 息子「社長命令でパキスタンに転勤になった。会社辞めたい(泣」私「何でそんな所に?」→理由を聞き、私「もう帰って来なくていいよ」

  3. レストランで。彼女「おいしいね!」俺(クソマズイ!価値観違うから別れよ…)→数年後、再び店に行ったら・・・

  4. 兄の葬式後、葬儀屋「請求書です」親「何でうちに?」葬「兄嫁さんの指示で…」親「ハァ?」→兄嫁に連絡を取ると・・・

  5. 金持ち女「服地味だよねwどこで買ってるの?」超金持ち女「グルネル通りです」金持ち女「どこのブランドwダサそうw」

  6. 【冷遇】一人で回転寿司へ。俺「もう20分も待ってる」店員「もう少し…」→後からきた2人組が先に案内されたので・・・

  7. 引越し先で、なぜか近所の人に避けられまくった。私「何でだろ…」夫「分からん…」→1年近く悩んでいたある日・・・

  8. 【クズ】嫁がコッソリと夜中に出かけて朝帰るようになった。俺「浮気に違いない!」→尾行してみたら、行き先は海・・・

入院を余儀なくされたが、病室のベッドで子供たちと絵を描いたり、
絵本を読んでやったり、プリキュアごっこをしてくれた。
子供たちはまだ幼稚園児だったが、
父親が死んでいくということに気づいていたようだ。
その証拠に「パパはもうすぐ天国に行くんでしょ?」
ってあどけなく言っていた。
「パパ痛い痛いの?○○がさすってあげる」
「パパの痛いのどうやったら飛んでいくのかなあ」
幼い手で父親のお腹なでながら困った顔をしている娘たちをみて苦笑いしていた。
「パパ大好き。ずーっと大好き。天国に行ってもずーーっと大好きなんだから」
と突然子供たちに抱きつかれ、へらへら笑いながら泣いていた。
子供たちは幼稚園が終わるとすぐに病院に行って夜まですごした。
毎日毎日話をして楽しく過ごした。
意識が無くなる前彼は言った。
「ゴメンな。でも、子供がこんなに愛しいってこと気づけてうれしいんだ」
そう。彼は幸せにしんでいった。
彼が幸せなら、遺された者も幸せ。
1年たってやっとなんとなくそんな風に思えるようになった。

373: 大人の名無しさん 2006/02/06(月) 23:14:20 ID:sggXlRFj
>>371
(つД`)

372: 大人の名無しさん 2006/02/04(土) 09:11:19 ID:52uFL+jy
私の父も大腸がんだった。59歳。
入院して3日目に急変。そのまま亡くなった。
それまで病気らしい病気をしたことが無かった人だったから、
本当に信じられない気持ちだった。
1週間後に手術をしたら治ると言われていたので
突然の出来事に受け入れられない自分と家族がいた。
371さんの事を読ませていただいて、涙が出た。
私の父は幸せだったのかなって・・・
自分でも死ぬと思ってなかっただろうから心残りは沢山あると思う。
私もぜんぜん親孝行できなかったな・・

>彼が幸せなら遺された者も幸せ。
本当に愛し合った家族なんだね。

※アクセスの多いオススメ記事