■□■ チラ婆のチラシの裏 ■□■part.9
http://ikura.open2ch.net/test/read.cgi/ms/1485554872/

209: 名無しさん@おーぷん 2017/02/06(月)13:53:36 ID:???
諸行無常を感じるわ

婆の家の前に蔵が3つある立派な日本庭園のある大きな古民家があったのね
嫁いだ頃から、階段にある窓から借景して季節を感じていたの
世帯主のお祖父様が亡くなられた途端、売りに出されてしまって…説明会によると今度は13軒のおうち+公園になるそうよ

あんなに立派だったお庭の木々も何処かへ移すではなくばっさり切られていくの
なんだか悲しいわ
相続問題なんかもあるだろうけど、街道沿いの宿場町の風景がまた一つ変わるわ

何故そんなに急いだのかというと市から文化財指定の打診のようなものがあったんですって
指定されてしまうと壊せないし、相続税に困って物納で持っていかれる前にって…気持ちは分かるけど寂しいわ
って言う婆の独り言よ

※人気記事ランキング

  1. 縁切りをしていた息子から連絡があった。結婚して子供までいたことに驚きましたが、「俺が悪かった。少しで良いから援助してくれ」と言われました

  2. 俺の車のローンが高いのが原因で婚約破棄になった。彼女から一方的に着信拒否、LINEブロックされてしまった・・・

  3. 隣の住人が断りもなしに170センチの目隠しのフェンスを建てた。隣の庭が見えなくなってなんかムカつく

  4. 人気店で最後尾に並んでいたら、後から来た客が列を無視して入店しようとした。私「並んでますよ」客「予約しているので」私「いま入店するために並んでるんで、後ろに並べ」

  5. 小さい頃から母親は妹贔屓で俺には辛く当たっていた。いつも唐突に俺にキレまくる→十数年前のビデオを見たらそこに映っている自分の姿に唖然とした

  6. 「いい男の人は穏やかな女性が好き」だと躾けられたのに全然モテない。ある女の子と仲良くなり、自分は「何考えているかわからないつまらないやつ」でしかないと恥ずかしくなった。

  7. スーパー銭湯の女湯に母親と小学校中学年くらいの男子が入ってきた。男子はニヤニヤしていた。あ、こいつ確信犯だと思ったよ

  8. 年少の息子はサンタさんを信じていますが、夫がそれを不愉快に思っているようで「本当はいないよ」と言っていたそうで、息子も「いないの?」と不安そうに私に聞いてきた


210: 名無しさん@おーぷん 2017/02/06(月)15:44:33 ID:???
>>209

わかるわ・・・。
若いころ住んでいたアパートのお向かいさんが
広くて立派な洋館でお庭もとても素敵だったの。
まるで少女漫画に出てくる洋館そのものよ。

ところがご主人が亡くなられて間もなく更地になって
そのあとは分譲住宅が建ったわ。
とても素敵な洋館だっただけに残念でならなかったわ。

他人がどうこう言うことじゃないのだけれどね。

211: 名無しさん@おーぷん 2017/02/06(月)15:53:43 ID:???
>>209
婆の実家の裏のお家も広い日本庭園があってね
川が作ってあって石橋があったりしたわ
それがこの正月に帰省したら更地になっていたのよ
びっくりを通り越してさびしかったわ
マンションが建設されるそうなの

他のご近所も広い敷地がどんどん小さく分割されていくばかりよ
住宅が余ってると聞くのに大丈夫なのかしら

212: 名無しさん@おーぷん 2017/02/06(月)16:08:00 ID:???
日本庭園は手入れがとても大変だから、遺された方達のご苦労を思うと軽々に言ってはいけないんでしょうけれど…
でもやはり寂しいわね、一朝一夕には作れないものですもの

213: 名無しさん@おーぷん 2017/02/06(月)16:28:14 ID:???
本当に景色が変わっていくのはわくわくするようで淋しいわ
交通の便が良かったりすると広いおうちがドンドン潰されて分筆されていっちゃうのよね

一方で限界集落では住む人を失った家が朽ちていくの
婆母の育った家も婆母が巣立ち、婆母妹が巣立ち…婆母の婆が逝去して数十年
近くに訪ねる機会もなかったのだけど、先日ふとGoogleので懐かしい道をたどってみたわ
廃墟としか言えない状況になっていたの
しかも一帯がよ…

人口の極地化が進んでいるわね

214: 名無しさん@おーぷん 2017/02/06(月)17:23:14 ID:???
建物ってほっといたら勝手に壊れていくわよね
婆の地方でもちょっとドライブすると広い途中の真ん中に朽ちた家があったりするわ
その回りにはおそらく水田の跡が広がっていてたり崩れかけたサイロがあったりするのよ
遠足や写生会で使わせてもらった牧場なんて子供の足でも1時間程度で歩けるような区内だったけれど同じ家が並ぶ住宅地や学校が建っていたわ
関係ないんだけれどお昼御飯食べた後ちょっと横になったら17時になっていたの 一瞬何が起きたのかわからなかったわ

215: 名無しさん@おーぷん 2017/02/06(月)17:25:57 ID:???
全ては利便性、なのよね
婆の実家は人口何十万という都市ではあるものの山沿いなので辺りは坂だらけ
車も車幅が広いものは難しいというような古い住宅地なのだけれど
周りの家がどんどん無人になっていくわ
駅は近いけれどスーパーもコンビニもなくて小さな商店があるだけ
マンションを作るほどの広さの土地は斜面ゆえに取れず人口も増えない
だから子世代が帰ってこずに夫婦だけになって最後には家だけが残るの
たまに帰ると婆の母は「誰もおらんようになったねえ」と寂しそうに零すの
確かにただ朽ちていくだけの家を見ているとうら寂しくもなるわね

>>214
まあタイムリープね
SF(すこしふしぎ)現象だと思っておけばいいわよw

217: 名無しさん@おーぷん 2017/02/06(月)17:54:40 ID:???
わかるわ…
私の実家は割と有名な城下町なの
そんなところでもあっという間に建物が壊されて
ピカピカの分譲住宅が建っているわ
実家に帰る度に懐かしい風景が変わっていくのは
本当に寂しいものよね
仕方ないことだけど寂しい気持ちはどうしようもないわ

219: 名無しさん@おーぷん 2017/02/06(月)18:15:53 ID:???
婆の実家も山の手なのだけど、近年駅前再開発で実家より奥の山の方は人が減っているわね
帰省の度に駅前に背の高いマンションが増えていくわ
そして老後を迎えた山の手の住人が山を下りてマンションに移住していくのよ

※ アクセスの多いオススメ記事