(-д-)本当にあったずうずうしい話 第2話

839: 名無しさん@おーぷん 15/08/13(木)03:00:11 ID:YHP
ライトなのをひとつ
会社での帰りがけに、隣席のママさん社員と「今夜のおかずは何にする~?」とか
「このごろナスが安いよね~」とかいう話をしていた。
ある日、私「今夜のおかずは何にします~?」
ママさん社員「豚汁かな。(私)さんは?」
私「ビーフシチューにしようかな」
マ「おおっ、豪華」
私「でも缶詰なのww」
マ「缶詰のシチューやカレーっておいしいよねww」
駅で、同僚のS木と一緒になった。
S木「(私)さん、今日はビーフシチューだって?」
私(聞いてたのかよ)「そうです」
S木「僕も食べに行っていい?」
私「は?」
電車が来たので、「今日は忙しいので」とかよくわからないことを言って逃げた。
S木は向かいの席にいる。歳は同じくらい、あまりしゃべらないというくらいしか知らない。

別の日
マ「今夜のおかずは~?」
私「チキンカレー。でも缶詰ww」
自宅のある駅で電車を降りたら、改札のところにS木がいた。
S木「今日はチキンカレーだって?食べに行っていい?」
あまりにツッコミたいことが多すぎて逆に言えず、「今日はダメです」と走って逃げる。

さらに別の日
マ「今夜の~」
私「ハッシュドビーフ。でも~」
自宅(アパートで1人暮らし)に戻ると、インタホンが鳴る。すごくイヤな予感がする。
しかし居留守もきかないだろうとインタホンに出てみる。
S木「今日はハッシュド~」
私さすがに切れる。「お誘いしてませんよね!」
S木「でもコンビニで替えのパンツ買って来たし」
めまいがしたが「帰ってください」と繰り返す。
S木「大丈夫だよ!僕は常識にはとらわれないから」
私もう怒鳴る。「常識にはとらわれなくても、良識はわきまえろ!」

これで説得できてしまったらしい。その後は全く関わってこなくなった。
不思議なのは、ママさん社員とは毎日のように今夜のおかず談義をしていたのに、
私が缶詰の話をした時だけこういう状況になったこと。
S木はよほど缶詰が好きだったんだろうけど、だが断る。
私だってたまの楽しみに高い缶詰買ってんだ。食われてなるものか。

※人気記事ランキング

  1. 娘に「涼(りょう)」と名付けたら、職場の人に「ずっと涼くんって言われるよ。男の子って勘違いされる人生だねー」って言われてイライラした

  2. 父「転勤するから実家に住まない?」俺「住みます」→嫁「やっぱり暮らすのを白紙にしてほしい」俺「わかった」→その後嫁が「やっぱり借りたい」と言い出し…

  3. 46歳婚活中の男なんだけど、年収400万なので共働きが絶対。家事分担ってどれだけやればいいの?金額に応じてなのか?

  4. 4歳の娘がワガママすぎて疲れた。幼稚園ではそれなりにちゃんとやってるらしくてトラブルも無いみたいだから、私への甘えなのかもしれないけど…

  5. 宅急便を子供の昼寝時間を避けて時間指定したのに、指定じゃない時間で昼寝中にピンポン鳴らしてきた!「車あったんでー」ってふざけんな!

  6. 義両親が同居して欲しいというので「義妹の自室をなくす事、人形の処分」を条件にして義両親もそれを承諾。私たちがリフォーム代も出したが…

  7. 嫁の偏見と攻撃をやめさせる方法ってない?俺自身、偏食の自覚ないんだけど、嫁がそう言って責めてくるので参ってる

  8. 「旦那の身の回りのことは私の仕事」って話を友人にすると批判してくる子がいる。独身の子だから感覚がわからないのかな?

※ アクセスの多いオススメ記事