---スポンサードリンク---

トラブル

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
387: 名無しさん@HOME 2009/10/14(水) 00:25:23 O
夫ラブの義妹の不倫現場を目撃した。
お兄ちゃんに言わないで!!って泣きながらに頼まれて、それでも迷っていたら元義妹に先手打たれた。
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770


---スポンサードリンク---

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
結婚生活に疲れた人・・・24人目
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1345530519/
710: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/05(金) 11:12:31.75
いまどき珍しいとは思うが両家の祖父母の代から決まっていた許嫁と結婚した。
嫁の家の方が資産家なので俺が婿入りした。
結婚自体は5年前から決まっていたが嫁側の準備の関係でようやく今年入籍した。
が、部屋は別、夫婦の寝室はあるけれど嫁は自分の部屋から出てこない。
同居して半年近くになるのに夫婦生活は無い。
最近では会話もなく、挨拶しても無視されるので俺からもしなくなった。
たまに嫁の部屋から聞こえてくる会話は旦那がうざいとか離婚したいとか
好きな人と結婚したかったとかそんな感じ。誰と会話してるんだか。
一応俺の弁当は用意されているが白飯を詰めただけ。コンビニ飯の方がマシ。
嫁両親と祖父母に囲まれて窮屈な生活をしているこっちの身にもなってくれ。
そんなに俺が嫌ならどうして5年待って入籍したんだ。追い出すなら追い出せよ。

JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
219: 名無しさん@HOME 2011/06/01(水) 16:36:25.11 O
高校時代の友人Aには聾唖(こう言ってはいけないとは分かっているけど)のお姉さんがいる
彼女のためにAは言語聴覚士になり、何とかお姉さんの役に立とうとがんばっている
このお姉さんが恋をした。でも、A含めた家族はお姉さんの障害を思うと、相手への負担も考え承知できないらしい
知的障害はないが、やはり話せない、聞こえない人と一緒に暮らすのは相当のリスクがあるだろう
お姉さんの恋人(以下B)はそれでも構わない、と言っていて
「ドラマのようにうまくいくはずがないのは分かっている」
と言い、お姉さんは
「あの人のためにしゃべれるようになりたい」
と辛い訓練を始めたらしい
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
452: 恋人は名無しさん 2013/05/07(火) 18:33:18.58 ID:/7VKB3NSI
小料理屋をやってな祖母が、私が進学のために一人暮らしを始めるにあたり、手書きでレシピを書いてくれた。お店の人気メニューを集めたもので、大切にしていた。
彼氏が家に遊びに来たとき、しばらくまったりしてから祖母のレシピを探した。祖母に言われて彼氏を一度祖母のお店に連れて行ったとき、とっても美味しい!と喜んでたから。そうしたら、いつもある場所にない。
使ったら同じ場所に片付けていたし、毎回料理する度に見てるわけじゃないからおかしいなーと探してたら、彼氏がニヤニヤしながら「レシピ本探してんの?あれ、この前きたとき捨てたわw」とか抜かした。

JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
583: 1/4 2008/08/25(月) 17:11:26 ID:7wfO/0xw0
今から1年前の話。

私  24歳♀
彼氏 28歳♂ 私の彼氏。一流と言われる企業に勤める
女  22~25歳位♀ 彼氏の浮気相手。彼氏の会社の後輩

金曜の夜に彼氏の家にお泊りして、土曜の夜帰った。
彼の家を出て10分程経ったとき、携帯を忘れたことに気づいて取りに戻った。
玄関の前に着くと、中から電話の声が聞こえた。
「うん、うん、さっき仕事終わったよ。今から・・・うん。」
「うん、ウチ?いいよ。じゃあ駅に迎えに行くよ。何時ごろ来れる?」
「じゃあ、10時半ね」
思わず中に入らずそこで聞き入ってしまった。
そして気になったのでそこで一旦引き返し、私も10時半に駅に行ってみることにした。
(嫌な予感はしたのだが、私は普段からこのスレの住人なので、
不安や怒りや混乱などよりも好奇心の方が勝っていた。)
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
422: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/03/25(日) 02:33:36.50
 取引先の営業から紹介された新人のアシスタントは、今まで
初対面では誰も読めなかった珍しい俺の名字を一発で読んだ。
「お、すごい。これいきなり読める人なかなか居ないんですよ」
「えと、高校の頃の知り合いに同じ名字の人が居まして」
 俺はそれが彼女との初めての会話だとずっと思ってた。
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

このページのトップヘ

オーベンザイム