怖い話

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?134
https://hobby7.5ch.net/test/read.cgi/occult/1151406479/

193: 本当にあった怖い名無し 2006/06/30(金) 17:34:08 ID:uoC/HSlxO
自分なりに恐かった事を書いてみようと思う。
もう4、5年は経ったし、何より関係者全員無事に生きてる。
恐い思いだけだったんだからいいやと思う反面、やっぱりあれは何だったのか不思議で仕方がない。
つたない文章だし、あやふやな表現もあるかもしれない。そこは勘弁してほしい。
本当に体験した出来事なのにいまいち自分の中で未消化なもので。

事の発端は仲間と飲みに行った時。この話は実は他のスレでも書いた事がある。
その時は全部書ききれなかったので今回書かせてもらおうと思う。
仲間8人で居酒屋に飲みに行った時の事。早くに酔い潰れてしまった女の子がいた。俺の友人の連れだ。
座敷で広い座卓に突っ伏して眠りこけた彼女をほっといて俺たちは楽しんでいた。
そろそろ帰るかという話になり、彼女を起こそうとするが起きようとしないので、
誰かが「携帯鳴らしてやれよ。起きると思うぞ。」と言いだした。
彼氏である友人がニヤニヤしながら彼女の携帯に呼び出しを始めた。
音から察するに、携帯は彼女の突っ伏した腕の下にある事がわかった。
携帯ストラップも腕の下から覗いている。
10秒鳴らして、周囲の迷惑を考えてか友人は鳴らすのを止めた。
「あ~駄目だわ。こいつ、寝起き悪いんだよね。」
酒も入ってるし、無理に起こすのも可哀相だからと、しばらく待つつもりで俺たちは腰を降ろしたその時、
友人の携帯にメール着信が入り、開いた奴の顔からいきなり血の気が引いた。
「うわ、なんだよ…これ。」
なんだなんだと俺たちの間でそいつの携帯がまわされた。
差出人は眠りこけてる彼女。本文は『眠い、寝かせてよ。』
彼女の携帯は、ずっと彼女の腕の下だ。ストラップも見えている。
すうっと首の辺りが寒くなった気がしたものの、飲みに来ていた他の仲間は
「よく出来た悪戯だろ。すげえな。」と感心したので、俺たちもその答えに納得して、その夜はお開きになった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
眠れないから奥さんが取り憑かれた話書く

1: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/10/26(水) 00:10:03.68 ID:Y4yZgjvv.net
書き溜めないけどいいかな?


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
今までにあった最大の修羅場を語るスレ8

866: ↓名無しさん@おーぷん↓ 17/01/12(木)20:53:15 ID:BdB
今現在の修羅場。長くてすみません。

一昨年のお正月、それまでイラスト付き年賀状だったA子から赤ちゃんの写真入り年賀状が届いた。
「子供、孫、自分の血を継いでいく者がいると言うのは幸せなことです」
と書かれた手書きの文字を見て悲しい気持ちになった。
そういえば昔、A子からの子供の写真付き年賀状に添えられた「やっと女として認められた気持ちです」
と言うコメントにショックを受けたんだった。
実は私、結婚目前で体調を壊しその検査で難病が発覚したことが原因で破談になった経験がある。
彼は気にしないと言ってくれたけど、やはり先方のご両親が難色を示した。
日常生活は普通におくれるものの、食生活の制限が厳しいので
彼のサポートどころか自分のことで精一杯なこともあり、身を引かざるをえなかった。
田舎なので色々勝手に噂されるのが嫌で叔母を頼って上京し
結婚は諦めて一人で生きる決心をしたところだった。
だからその年賀状はショックだったけど、自分が結婚も望めない悩みや卑屈さからくる感情であって
まだまだ自分が未熟なだけだと思っていた。
今思えばちょっと無神経なコメントだよなぁと思うけど、その時はそう思ってた。
数年子供の写真付き年賀状が届いたが、いつの頃からか昔と同じイラスト年賀状に戻りお互い40代も後半。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その8

30: 名無しさん@おーぷん 15/06/16(火)10:19:06 ID:r56
田舎住みで魚介好きの俺
ある朝、仕事行く時野焼きの煙にエビ焼きっぽい香りを感じた
その匂いにエビ食べたい欲が刺激されてランチは奮発して
大好物だったエビフライを食べて大満足
仕事を終えてこれまた大好物だったエビチリ購入して帰宅
エビチリで白飯かっこんでるところに来客有り
来客はおまわりさん、今朝あった事件について聞き込んでるとのこと
ほーん、で?と内容を聞いてたら朝にうちの近所で殺人、遺体が焼かれてた、と
はあはあ、大変でんな~、と話が進むうちに朝の野焼きと思ったのは
その焼いてた煙と気づく、じゃああのエビっぽい香りは...
と脳が理解した瞬間に無反動の無意識、直立不動のまま胃の中のものリバース
おまわりさんにもちょっぴりゲロがかかって平謝り
むしろその事情を聞くとおまわりさんが謝ってくれる謝罪合戦の始まり
犯人はすぐ捕まったけどそれ以来エビとカニを胃が受け付けなくなりました
見るだけだと、超うまそー!!って思うのに匂いを感じると
一気に気持ち悪くなってしまう精神的トラウマを植えつけられたw

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?347
https://mao.5ch.net/test/read.cgi/occult/1497936493/

179: 本当にあった怖い名無し 2017/07/31(月) 04:53:57.16 ID:u2pZv2QB0
過去似たような話があったかも知れないけど
私が1週間前に体験した実話

都内で一人暮らししてるんだけど、
夜中3時半頃、ベットでスマホいじってたら「ピンポーン」てチャイムが鳴った。
私には夜中に尋ねてくる友人などいない。
というかどの時間帯にも遊びに来る友人なんていない。
シーンとした夜中だからインターホンの音が際立って聞こえて、ビビり半分「誰?」って疑問半分。
酔っ払った住人が自分家と間違えて押すこともあるかもだしとベットから出ずに考えてたら
「ピンポーン」て2回目のインターホンが鳴った。
思わずビクッてなった。
(2回鳴らすってことは確実にウチに用があるよね?
え?誰誰?)
ウチ1kなので、
めっちゃビビりながらゆっくりベットから出て恐る恐る玄関の方に近づいたら
「警察です」って
ドアの向こうから低い男の人の声が聞こえた。
急に声がしたから死ぬかと思った、マジでビビった。
けど、別に私は悪いことしてないし
こんな時間に警察くるってことは近所で何か事件でもあったのかと思って
恐怖でドキドキしながらも来客の主が判明したことで、少し安心してとりあえずドア前まで行ってドアスコープ覗いた・・・
・・・ら、目の前真っ黒。
夜中でも街灯とかマンションの明かりでドア前照らされてるはずなのに。
「?」と思って覗き続けてたら、
ドア越しにさっきの警察ですの人らしき声の息遣いが聞こえた・・・。
ドアの向こうのソイツにバレないように死ぬ思いで音立てないようにベットに戻って布団かぶって明るくなるまで震えてました^ ^
あれだよね?向こうもドアスコープ覗いてたから真っ黒だったんだよね?・・・ひいいぃ
そのあとはインターホンも鳴らなかったし声もしなかったから帰ってったかも知れないけど、朝になっても怖くてドアスコープ覗く気になれなかった。
その後警察呼んで、お巡りさんにに駅まで見送ってもらって速攻実家に帰った(実家も都内)。
今の所実害ないけど、もうあの家に帰れないどうしようってなってる。

自分が実際体験して見ると本当に怖いね。お目汚し失礼しました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?308

159: 本当にあった怖い名無し 2013/01/22(火) 21:31:45.14 ID:0YUqso3f0
心霊系じゃないけどマジで命の危機を感じた経験。空気読まず投下

去年の年末の話。
俺が務めている部署に新入社員が一人入ってきたのよ。中途でね。洒落たメガネをかけた今時の青年だった。
俺が教育係を任されたんだけど、仕事は凄い出来るのね。俺入社3年目なんだけど、俺の1年目
とは比べ物にならないくらい出来るのよ。こりゃーいいのが入ってきたわーって部署内で喜んでたんだ。


で、そいつが入社して1週間経った休み明け、風邪で休むと連絡があった。
今年は糞寒いし、しょうがないかなーって感じで特に気にもしなかった。

けど、それから毎週月曜日必ず休むのよ。4週連続でね。本人に理由問いただしても
「腹痛持ちで」とか、「風邪で」って誤魔化すのよ。若いし、一人暮らしはじめたばっかりと聞いてたから
楽しくて日曜遊びまくって起きれねえのか?とか単に月曜病なのか?とか聞いたけど、
「すいません」と謝るばかり。仕方ないから、「今度休むときは病院行った証拠持って来い」って
少しきつ目にいって済ませたのね。

けど次の週明けも休みやがった。けど、休んだ日が休んだ日だったので理由が何となく特定できた。
こいつが休んだの12月25日。クリスマスの日だったのね。

「あぁ、女だな」

って確信した。こちとらクリスマスに恋人となんか暫くご無沙汰なのに、あいつは新人のくせに
会社サボってイチャイチャかい。と怒りはこみ上げてきた。半分以上僻みだけどね(笑)

しかも、今回は無断欠勤だ。会社もさすがに新人のくせになんだこいつってなって、
俺にアパートへの突撃指令が出た。


このページのトップヘ

オーベンザイム