怖い話

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
【トリ付け必須】ロミオメール53通目【トリ無しスルー】
https://awabi.5ch.net/test/read.cgi/live/1343857733/

878: ◆kjwIa8fXH5.U 投稿日:2012/10/20(土) 17:51:08.07
ジュリオじゃないけど。

あなた、いい加減にして。
私達は別れたの! わかってるの!
天井にへばりついてニタニタ笑ってないで出て行って!


2年前に突然出て行った妻からです。

わけがわからん。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
今までにあった修羅場を語れ【その19】
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1474327100/

646: 名無しさん@おーぷん 2016/12/31(土)19:00:09 ID:dgX
盗まれた車で当て逃げされた。

ショッピングモールで買い物終えて車に乗ろうとしたら、電子キーで鍵開けた車に乗り込もうとすた直後に横に引き摺り倒されて顔面踏みつけられた。
悶絶してるうちに鍵を強奪されてそのまま車乗っていかれてしまった。
鼻血ダラダラ流しながら警備員の人に事情話してモールの事務所に連れてってもらい、電話で車盗まれた事を警察に連絡した。
人に恨まれる事なんてした覚えなかったからひたすら恐ろしかったわホント。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
殺されそうになった経験
https://www.logsoku.com/r/2ch.net/occult/1165039396/

938: 本当にあった怖い名無し 2007/03/08(木) 07:42:44 ID:+4G+OPd/0
メチャ長くなってしまいました。
長すぎるので、読むのめんどい人用に3行でまとめると


ヨハネスで
あぼんぬされかけ

では本文

以前務めていた会社は海外の取引先が多かった。
自分は国内の取引先を担当しており、海外出張には無縁であった。
が、どうしても人員が不足し、一度だけ海外出張してくれ、となった。

「仕事でまた海外旅行に行ける」なんて甘い考えをこの時は持っていました。
で、場所はというと、取引先はロンドンにある企業であったが、向こうの担当者が出張中であり、
その出張先で落ち合う段取りとなっていた。
なんと、その場所とは南アフリカはヨハネスブルグ。
「リアル北斗の拳」「強盗遭遇率150%」「赤信号でも停まってはいけない街」
と、今ならヨハネスブルグの危険な情報はネット等で簡単に手に入る。
しかし、当時(1994年でした)はネットも普及してなく、観光ガイドブックぐらいしか情報源がなかったのである。
それも、南アフリカとなると行く人が少ないからか、ガイドブックが少ない。
ようやく見つけた1冊を見ても、ヨハネスブルグについてはあまり書いていなかった。
後で知ったのだが、あまりに危険で観光に向いてないかららしい。
まぁ、とにかく前情報をあまり得ることが出来ず出発。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
今までにあった修羅場を語れ 39話目
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1532758827/

124: おさかなくわえた名無しさん 2018/08/08(水) 19:09:06.94 ID:3EB9pZTe
パックンフラワー

その日、俺は休みだったので三島駅のホームで新幹線を撮影していた。

で、たくさん撮って疲れたのでベンチに座り酒を飲んだ。

こだまが定刻通り到着し、ドアが開く。
高校生くらいの男の子が電車からかけ降りてきてベンチのちかくにある公衆電話に駆け込んだ。

発車ベルが鳴り始め、ドアが閉まる。が、男の子はハッチが閉まりきる直前に指を挟む。

チッ、ギリギリ指挟んだから乗り遅れずに済んだのかと見ていたら新幹線はそのまま発車。

途中までは挟まれながら新幹線と伴走してたが途中で転んで引きずられていった。そしてホームの端から転落。

野次馬根性で見に行ったら頭部を

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その16
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1479573322/

337: 名無しさん@おーぷん 2016/12/20(火)11:49:39 ID:aD5
幼馴染(俺もそいつも男ね)が関東へ進学し2年くらい経った頃
そいつの母親に「うちの子がどうも大学へ行ってないらしい。連絡してこなくなったし、
遊びに行くついでに様子を見てきてもらえないか」と頼まれた。
以前も幼馴染のアパートへ遊びに行ったことはあったし、暇なので快諾。
新幹線乗って幼馴染のアパートをピンポンした。
出てきたのは知らない中年男だった。
アパートの表札は幼馴染の名前なので部屋間違いではない。
「シュウ(仮名)くんいますか?」と聞くと中年男は「今いないよ」と言う。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
今までにあった修羅場を語れ【その25】
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1516440733/

740: 名無しさん@おーぷん 2018/06/20(水)05:11:21 ID:Vu0
怖い話かもしれない。
大学生のころ、住んでたアパートで毎晩夜泣きの声が聞こえていた。
私の実家は田舎で、私が実家にいた頃から兄一家も一緒というか敷地内の離れに住んでいたから、子供の泣き声には慣れていて特に迷惑とかは感じてなかった。
ただ毎日大変だなーくらい。
赤ちゃんのお母さんも、会えば毎回いつもすみませんとか言ってくれて、ものすごく気を使ってる感じ。
お父さんはたぶんいなくて、シングルマザー。
ある日深夜に帰ったら、ものすごい泣き声がしばらく止まなかった。他の部屋の人も様子見に出てくるレベル。
赤ちゃんのお母さんが、赤ちゃんを部屋に残して一人で半泣きで謝りに出てきた。
赤ちゃんはまだ室内で泣いてる。

このページのトップヘ

オーベンザイム