---スポンサードリンク---

怖い話

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
今までにあった最大の修羅場を語るスレ7
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1457230015/

65: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:07:22 ID:G5E
小学生の頃、道路にかっこいい革の手袋が落ちていたので
何の気もなく拾い上げたら中身入りだった
おかげさまでそれ以来、手袋を触れない
軍手もだめだから日常生活に支障あり
カウンセリングで、見るだけなら大丈夫というところまでは克服したけど
やっぱり視界に入ると思い出して、ひどいと吐いて歩けなくなる
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770


---スポンサードリンク---

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?323
https://www.logsoku.com/r/2ch.net/occult/1408241376/

184: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/26(火) 15:32:16.40 ID:gKcg4LId0
20年以上前になるが小学校低学年の夏休みに遊びに来た年上の従兄弟と家まで歩いてたら途中の空き地にビデオテープが三本捨ててあった。
従兄弟が面白半分に持ち帰ろうと言い出して俺は嫌だったけど逆らえず持ち帰ってしまった。
帰宅して親が仕事に行ってる間にリビングのビデオデッキで適当に一本再生してみると、路地裏で女がカメラ目線で服を脱いでいくのが映った。
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
本当にやった復讐 3
http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1437699746/

878: 名無しさん@おーぷん 2017/08/07(月)23:06:43 ID:rCV
書き込むの久々なので変な書き込みになっちゃったらごめん。
リアルじゃ物凄く引かれるような内容なんでここで言わせて。
あとグロくて汚い話なんで閲覧注意ね。

職場でいじめやってた女がいて私はそいつに色々やられた。
主に陰口と私がそばを通るとわざと大きな音立てたり。
自分宛の電話を取り次がなかったり。
私の他にも2人程同じようにやられた。
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
まさか自分の身に起こるとは思わなかった事10
https://www.logsoku.com/r/2ch.net/wmotenai/1308468914/

609: 彼氏いない歴774年 2011/09/01(木) 22:25:15.43 ID:/aoQhL1h
幽霊を見た?こと

予備校から帰ると、一階は真っ暗なのに二階に電気ついてる部屋がある
母は家族全員帰ってくるまで、リビングの電気は付けて(何年か前だから節電の意識はあまりなかった、すまぬ)
二階で洗濯物畳んだりするので、あれと思い階段の辺りからお母さんと呼ぶと

「だあれえ」と返ってきたので、ちょww娘にだあれってあんたwwと思いながら
喪子と答えると「喪子おいでえ」と母が呼ぶ
私は家では名前ではなく、ちびでぶちゃんという愛称で呼ばれていたので、?と思っている間にも母はずっとおいでおいでと言い続ける
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
怖い話@生活版Part14
https://www.logsoku.com/r/2ch.net/kankon/1227118201/

735: おさかなくわえた名無しさん 2009/02/07(土) 19:01:51 ID:5krBgw8W
歯医者つながりで、私の悲惨な経験。
むかし歯科大に治療に通ったの。近くにあったから、けっこう地元の人は通院していた。
私の担当学生は美青年でいいとこの息子さんぽいかんじだった。でもすこししどろもどろな人。
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?310
https://www.logsoku.com/r/2ch.net/occult/1361962919/

※タイトルにミスがあり、修正しました。
コメント欄でのご指摘ありがとうございます。

373: べっ甲飴 1/3 2013/03/13(水) 03:18:05.72 ID:Mba0u6UI0
私がまだ小さかった時に体験した実話。

ある夏に近所の神社の縁日でたくさんの屋台が出ており、そこで『べっ甲飴』の屋台が出ていました。
飴は小さくてまるい物という認識しかなかった私は、色付きガラスの様なべっ甲飴とむせ返る様な飴の甘い匂いにわくわくしました。
一緒にいた両親は『綺麗ね』とは言うが、『虫歯になってしまう』『こんな大きいのは食べ切れない』などの理由で買ってはくれず、
べっ甲飴にすっかり魅了された私は次の日から毎日屋台を一人で見に行っていた。

JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

このページのトップヘ

オーベンザイム