---スポンサードリンク---

不思議な話・ミステリー

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
◇ 心霊ちょっといい話 ver.16 ◇
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1273562259/
892: 本当にあった怖い名無し 2011/04/14(木) 00:16:14.94 ID:H2n96M7a0
今から14年前に家を建て替えようって話になって一時引っ越すことになりました。
その時に借りた家で体験したお話です。
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770


---スポンサードリンク---

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
◇ 心霊ちょっといい話 ver.16 ◇
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1273562259/
782: 本当にあった怖い名無し 2011/02/28(月) 17:29:39.11 ID:C14IGJqI0
スレ違いだったらサーセンorz

母が5歳のときの話です。

母が5歳のとき、曾祖母が死にました。
50代前半で、癌だったそうです。
その曾祖母の葬式に母は東北まで来ていました。
母は兄弟がまだいなく、初めは葬式の準備をする祖母の後をちょこちょこと付いて歩いていたそうですが
葬式の準備で忙しいのと鬱陶しいので
「あっちに行ってなさい!!」と祖母に怒られ
曾祖母の家にいた三毛猫で(笑)遊んでいたそうです。

JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
◇ 心霊ちょっといい話 ver.16 ◇
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1273562259/
757: 本当にあった怖い名無し 2011/02/17(木) 21:10:53 ID:r4KuAbWU0
8年前の今頃、15年飼ってた犬が死んだ。
子供の時から一緒にいたからショックで何もできない状態が数日続いた。
そんなある日、夜寂しくて泣いていたら電話もメールもきていないのに携帯の画面が明るくなった。
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
◇ 心霊ちょっといい話 ver.16 ◇
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1273562259/
621: 本当にあった怖い名無し 2010/12/15(水) 01:06:47 ID:iDxG5mHH0
ちょっと長いうえに稚拙な文章ですけど、投下させてもらいます。
先日、曾祖父の七回忌があった時に、祖父から聞いた話です。
もしかしたら、よくある戦時中の話かもしれません。

第二次世界大戦が終戦する1年ほど前の話です。
代々うちの家は神主の家系で、免許みたいなのが出来るずっと前から神主を営んでたそうです。
平安時代の神祇官(?)ぐらいまでさかのぼるんだとか。(流石にこれは信じてませんけど)
そう言うわけですから、地元ではいわゆる名士の部類に入る家でした。
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
◇ 心霊ちょっといい話 ver.16 ◇
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1273562259/
456: 1/3 2010/10/25(月) 15:36:48 ID:oGdPkai/0
俺の家は物凄い田舎で、学校に行くにも往復12kmの道程を自転車で通わないといけない。
バスも出てるけど、そんなに裕福な家でもないので定期買うお金がもったいなかった。
学校への道はちょっと遠回りだけど街中を通る道と、若干近道だけど山越えをする道と2つあるんだが、俺は山越えで汗だくになるのが嫌だったのでほとんど街中のルートを通っていた。
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
◇ 心霊ちょっといい話 ver.17 ◇
toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1305038972/
61: 本当にあった怖い名無し 2011/05/27(金) 08:40:34.15 ID:oXBmC89D0
友人の先輩A子さんは岡山県在住。
岡山って盆地で、新幹線からだと広ーく畑の続く風景がみれたりする。
A子さんの実家はそんな風景の中、ぽつんと連なる数件の民家の内の1件だったそう。

ある日、A子さんが夜遊びの帰りだか、随分遅い時間に家までの農道を歩いてたんだと。
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

このページのトップヘ

オーベンザイム