---スポンサードリンク---

不思議な話・ミステリー

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
今までにあった修羅場を語れ【その10】
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1430454126/
279: 名無しさん@おーぷん 2015/05/10(日)10:11:26 ID:X2n
寝ていて行為に気づかなかったというのはありえる?
先週妊娠がわかった。彼は喜んでプロポーズしてきたが、元々結婚願望が無くて即答できないと答えたら彼の両親や私の両親を巻き込んだ大騒動になった。
私と彼はまだ交際半年も経っておらず、私が性行為を嫌がったのでまだ体の関係は無かった。
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770


---スポンサードリンク---

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
【フシアナ】逃げられ寸前男の駆け込み寺 313【必須】
http://www.logsoku.com/r/2ch.net/tomorrow/1370848733/
53: 息子? 投稿日:2013/06/13(木) 21:23:01.95
義父母のせい?で嫁から離婚してくれて言われてるんだが状況が特殊(オカルトじみてる)んで書くの躊躇してたんだが
そうも言ってられない状況なので相談させて欲しいんだが。

JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
まさか自分の身に起こるとは思わなかった事7
http://www.logsoku.com/r/2ch.net/wmotenai/1282394472/
686: 彼氏いない歴774年 投稿日:2010/11/12(金) 17:04:25 ID:FnLDr22T
ちょっとびっくりしたんで書き込んでみる

前に友達から
「彼氏が○○(カフェっぽい漫画喫茶)で喪子を見たと言ってたけど(地元に)帰ってきてるの?」と言われて
「帰ってない。人違いだよ」と言った。
そして別の友達からも「○○で顔も髪型も体型も喪子そっくりな店員がいて間違えて声かけちゃった」と言われた。
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
今までにあった最大の修羅場 £101
http://www.logsoku.com/r/2ch.net/live/1387938686/

897: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/01/11(土) 02:24:09.36 0
愛猫が友人には見えていなかった事

当時5歳だった猫が私の不注意で脱走してしまって、必死に探したんだけど見付からなくて本当に心に穴があいたみたいに暫く無気力だった
でも数ヶ月後の私の誕生日にひょっこり帰ってきて、それから脱走もなく数年

ある日長年メールと手紙だけだった友人と久し振りに会うことになって、「猫ちゃん元気?」と聞かれたのでその数日前に撮ったばかりの写メを何枚か見せてあげたんだけど微妙な表情
それから友人の態度が変ですぐお開き、翌日友人から電話があって病院を進められた

JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
345: 名無しさん@おーぷん 2015/04/04(土)00:06:19 ID:5E4
俺の就職先は実家から離れた所で現在は一人暮らし。
なんとなく忙しくて1年くらい帰省してないし電話もしてなかった。
まあ、気が向いたらそのうち連絡すりゃいいやなんて気楽に考えてたら実家のほうから電話が掛かってきた。しかもちょっと怒ってんの。
母「あんた、親と縁を切ったってどういう事よ?」
父「出来婚したから帰れないなんて言うな。とにかく嫁さんと子供を連れて一度戻ってこい」
妹「なんとかなるから帰ってきなよー」
俺、まったく身に覚えが無いんですけどw

JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
753: 名無しさん@おーぷん 2015/03/31(火)14:03:12 ID:wZK

私にはすごく仲のいいA子がいたんだけど、ある日唐突に死んでしまった。
交通事故に遭って、その時はぴんぴんしてたんだけど、夜中に急に容体が変わって誰にも看取られずひっそりと逝ってしまった。
事故に遭ったという報せを聞いて慌てて連絡した時には、「お見舞いの品は○○のプリンで!」とか軽口を叩くくらい元気だったのに。

A子は私の2つ上で、放置子だった私を何かと構ってくれて、面倒見てくれて、実の姉のように思っていた。
これからも二人で行きたい場所やらやりたいことやらたくさんあった。
訃報を聞いた時から、頭の中がずーっとぼんやりして、自分が泣いてるのか何をしているのかどこにいるのかわからなくなった。
時計がいつも通り時間を刻んでることや新聞がいつも通りに届くことが無性に許せなかった。
でも時間が経つにつれ、徐々に普段通りの生活を送れるようになった。
それでも、日常の些細な場面で「A子はいないのに私は何をしているんだろう」と考え込んだりした。
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

このページのトップヘ

オーベンザイム