---スポンサードリンク---

オススメ記事

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
◇修羅場◇part41
http://love5.2ch.net/test/read.cgi/ex/1171256712/
178: 恋人は名無しさん 2007/02/17(土) 21:43:35 ID:BrDReHMI0
過去スレも含めて読んだけど、みんな配偶者や恋人に浮気されたり裏切られたりしても
理性的で冷静な人が多いような気がする。
俺なんか最初の結婚で元嫁から酷い裏切りにあって元嫁と間男を徹底して凹った結果
執行猶予は付いたけど前科餅になって仕事も失って。
本当は法律家を間に入れて冷静に追い詰めるようにすればよかったんだろうか。

JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770


---スポンサードリンク---

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
山に星を見に行って恐ろしい体験をした話。
http://www.logsoku.com/r/2ch.net/news4viptasu/1365067066/
1: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2013/04/04(木) 18:17:46.57 ID:eI1PrjDb0
需要ある?

ってか、時間もたったから、当時を思い出しながら書いてく。

2: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2013/04/04(木) 18:19:29.72 ID:Y9wblGOKO
聞こう

5: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2013/04/04(木) 18:20:59.96 ID:eI1PrjDb0
>>2
ありがとう。
予め言っておくが、オカルト的要素はほぼ皆無だ。
あと、下記貯めしていないから投稿は遅くなる。

JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
◇修羅場◇part80
http://www.logsoku.com/r/2ch.net/ex/1250579309/
35: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/08/19(水) 10:33:06 ID:cNCRsFGP0
ちょっとだけ修羅場だった話投下

私子(20歳)
彼男(19歳)私子の彼氏。1歳下。
A子(18歳)私子と彼男を取り合いするライバル。きょぬー。
B子(20歳)私子の友人。凄く親しい。痔持ち。

私はあるA●女優に似ています。
その指摘を受けたのは大学に入ってから。
それが嫌で、髪型を変えたりしてるんだけど、道で間違われることもあるくらい似てる。
実際、自分でもネットで画像検索して出てきた写真みて「え?私?」と思ったこともある。

ただ、その女優が活躍していたのは4~5年前で、その当時私は高校生。
そして、その時期私は物凄く太っていて、身長156センチで体重80キロ超w
だから親しい友人は別人だとわかってるんだけど、それ以後知り合った人のなかには同一人物だと思ってる人も居たらしい。
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
姪っ子が嫁に行った
http://www.logsoku.com/r/2ch.net/news4vip/1299273226/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/05(土) 06:13:46.92 ID:M1EnXEnB0
先週だけどね
姪っ子が結婚した
誰も読みたかないだろうけど、思い出を書いていこうと思う

JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
今までにあった最大の修羅場 £48
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1422897119/
782: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/05/17(日) 20:54:27.40 ID:JUIyeg75.net
修羅場といえば修羅場なので投下させてもらいます。

少し前、資格とりたくて数年勤めた職場を退社してフリーターしながら資格の勉強してた。
バイト先は牛丼屋で、基本は22時から朝までのシフト。
2年前のちょうど今時、深夜1時頃にある父子が客で入ってきたんだ。

父親は30代くらい。子供は女の子でたぶん2才~3才くらいかな。
深夜にもかかわらず女の子は眠い感じがなく、活発に喋ってた。
お冷を持っていったら父親「ちょっと注文考えさせて下さい」と。

当時は1人シフトで地方都市の国道沿いの店なもんで他に客は無し。
父子の会話が明瞭に聞こえてきた。

娘「これナホちゃん食べたいなー」
父「ナホはこれ食べたいんだなー(財布の中身見て)いいよ、これ頼もうか!」
娘「ぎゅどんておいしいー?」
父「うん、すごくおいしいよー!」

呼び出しが鳴ったので注文を取りに行った。

父「すいません、この(小盛の牛丼)をひとつください」
俺「他にご注文は?」
父「以上です」

え、子供の分しかないじゃん。お金ないのかなーと思った。
この父子をよく見れば、父親はけっこう着古したスラックスにヨレヨレのYシャツ。
娘はもう5月も終わる時期なのにスウェットっぽいズボンに毛玉いっぱいついた長袖。
荷物は汚い大き目のリュックひとつ。
明らかに何日かは風呂も入ってないなって感じの風貌だった。

続きます

JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その7
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1428950529/
963: 名無しさん@おーぷん 2015/06/11(木)18:20:39 ID:AY1
埋めついでに俺の鉄板ネタを書こう。
俺は昔サンフランシスコで学生やってた。ホテルに住み込みで朝晩の厨房の手伝いをすると一月の家賃が300ドル位になってお得だった。

そしてアメリカンなビュッフェスタイルで大量生産するもんだからそこでは大量に毎日残飯が発生する。

それを俺は使い捨てのパックにこっそり詰めて物乞いのおっさんにくれてやってた。
周りは留学生ばっかでネイティブの話し相手が欲しかっただけ。元金融会社でアボーンした男で当時40前半。名前はアビー。
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

このページのトップヘ

オーベンザイム