---スポンサードリンク---

浮気

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
307: 名無しさん@HOME 2013/08/06(火) 00:57:41.00 0
叩かれる覚悟で書き捨て

308: 307 2013/08/06(火) 00:57:42.00 0
操作ミスったすまそ。叩かれ覚悟。

義実家同居。自分の常識とはかけ離れた衛生観念。
まだ赤子だった子供が夜泣きすると「ウルセェボケ!」と怒鳴られまくってた。
子供が病気で旦那も同行で病院に行く→結果が気に入らないと医者や看護士に怒鳴る。
(これでこいつとは何処へも同行すまいと決意。
幼稚園のイベントとかは一切来てないしそもそも興味もないらしい)
自分が気に入らないと凄む、怒鳴る、物を壊す、殴るのは辛うじてしない。
あげくの果てに騒ぎ聞きつけたトメ参戦。二人で私を責める責める。
その後実親に電話されて私の悪口延々と。
家に十数万のお金を入れてても「こんなんじゃ足りない!」と発狂するトメ。
親戚は膿家でそこのウトの縁者もクソ。
その他色々あるけど書ききれん。
もっときつい事あるけど、身バレしない程度に書くとこんなもん。

JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770


---スポンサードリンク---

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
関連記事のリンクにミスがありましたので修正しました。

【兄嫁視点】はこちら

【姉視点】はこちら

37: 名無しさん 2014/04/10(木)13:21:36 ID:???
無事離婚できた。
不倫相手の男から慰謝料の振込確認。
元嫁からの慰謝料の振込も確認。
あとは俺と血がつながっていない不倫相手が種の息子と自称するものの戸籍を排除すれば全部終了。
長かった。
ヒステリーで狂った女から逃げることができて本当に良かった。

JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
889: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/11(土) 07:07:37.29 ID:AHgpeD0t
子ども3人
末が重度の循環器疾患もち身体障害持ち
妊娠中に末の疾患が分かり、妊娠22週ぐらいから管理入院で、その頃から旦那が浮気。
浮気相手と旦那と3人で話し合い、末っ子の親権だけを渡す・末っ子のケアや病状やこれから必要な事などをぎっしり書いた紙を浮気相手に突きつけながら淡々と説明。
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
540: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/26(木) 16:20:16.69
知らぬ間に托卵してしまった修羅場
大学時代に付き合っていた彼女から話があると知人経由で連絡を受けた
彼女とは俺から告白したものの、年の差があったせいか(彼女が二つ上)
三ヶ月ほどですぐに振られてしまった経緯がある

それからさらに数年たっての呼び出しに、まだ俺のこと好きなのかもとか
俺の事思い出して当時の熱が再発したのか、とか
女は20後半に差し掛かると年下がよく見えるっていうし!
と内心うきうきしながら、待ち合わせにいった
そこ当時よりも垢抜けてきれいになった彼女がいた

ただし子連れで
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
692: 名無し@話し合い中 2006/12/12(火) 17:14:01
間男とクソ雌からがっつり慰謝料もらえ。
そのあとでうわさガンガン流して社会的にも抹殺しろ。

懐ほかほか気分爽快。

間男のすてきな住居付き病院は今や廃墟だぜ、プゲラ
雌実家もそろそろ自己破産ってところかねぇ。

JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
297: 名無しさんといつまでも一緒 04/09/12 10:05:45
嫁のケータイに男からのメール(こないだホテルで云々とか・・最高だったとか・・)発見して
それ(ホテル行き)がどうやら毎週水曜日なので、俺はいつもの様に車で会社に行くふりして
普通に家を出て(会社を休んで)家から少し離れたところに車を止めて嫁さんを監視してた。
案の定、嫁は少しめかしこんで家を出ると、そそくさと通りの方へ・・・車だと気付かれそう
なので俺も車から降りて歩いて尾行すると、表通りに出た嫁の前にサッと青い車が来て、嫁は
その助手席に乗り込むと姿を消した。・・・その日は残念ながら尾行はそこで終わり。
その夜、晩酌の時に嫁のビールに少し睡眠薬を混ぜて飲ませて爆睡させ、携帯メールをマジマジ
と見たら、その昼間のホテルでの状況までわかるような男からのメールが来ていた。
俺は情けなくてその夜は泣いた。
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

このページのトップヘ

オーベンザイム