これはひどい

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
[カチン!]最近あった育児にまつわる嫌な事[ムッカー!]135

214: 名無しの心子知らず@ 2014/06/17(火) 16:52:19.29 ID:QCxW0u+e
マトモな書き込み初めてなので不備があったら失礼。

先日娘が保育園で怪我をした。
額をかなりパックリいったので
近所で評判だという形成外科を勧められ通院。

医師が一目みてこれは「縫わなくちゃだめだねー」と言われる。
その場でやたら早口の看護師に術後の説明をされる。

・抜糸は1週間後
・毎日ガーゼをかえる
・激しい運動厳禁
・汗かかせるな、水で濡らすな

縫合後は特に説明もなく会計を済ませ退散。

その後ドラッグストアで消毒薬、脱脂綿、ガーゼ等を購入し
毎日清潔なガーゼにとりかえ
シャンプーする時も濡らさないように気を付けて1週間過ごした。

長いいわれたので続く


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
その神経がわからん!その58
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1593337870/

699: 名無しさん@おーぷん 20/07/25(土)09:35:44 ID:cC.db.L1
コロナ前短期語学留学という名の一ヶ月の旅行に行ってきた
ずっと借り上げアパートみたいなところに泊まってたんだけど、日韓中国人7割ヨーロッパ出身の人が3割くらい
語学学校の企画でみんなで一泊キャンプとバーベキューをするイベントがあった
日本人で参加してたのは私と二人の男性
男性は30歳くらいと20歳くらい
みんな割り当てられた仕事をせっせとやってるのに、この二人なーんにも動かない
私が日本人だったからか呼び止められ、やり方がわからないとボソボソ言われ、さっきわかりやすい英語で説明されたじゃないかと思いつつ日本語
で説明
すると30の方から「俺らが困ってるのわかってるなら普通手伝うでしょ?気が利かなくない?」と言われた
隣で20もうんうん言ってる
私にだって私の割り当てがあるんですが
態度が上司みたいで年下の女なら当然みたいな態度で、ムカつきながら他の手の空いた人に頼めばと言ったら他の国の人には言いづらいだってさ! 
日本人で女なら使ってもいいだろうって?冗談じゃない 
ムカつきすぎて気分悪くなった
「いい大人なんでしょ?それくらい自分でやれ」と結構キツめに言ったら「それくらいやってくれてもいいだろ。人間関係円滑にするためにもさ~」とニヤニヤ
他の国の人は男もテキパキやってるよ
何もできない自分が恥ずかしくないのこいつら……と呆れた
腹が立って腹が立ってリーダーにこんなことを言われたとチクり、リーダーが注意に行くことに
そいつらずーっとムスッとしてた
せめて外面くらいよくしろよバカがとまたムカついていると、30の方は似たようなことをアジアの女の子にやらかしたらしく、この語学学校は合わないとしばらくして出て行った
もう結構その国に長くいて語学学校渡り歩いてる雰囲気だった
もうそいつと残されたもう一人の評判が学校で悪くてそれが日本人男性の評判みたいになって恥ずかしかった
ほんっと嫌な奴らだった

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
カチン!]最近あった育児にまつわる嫌な事[ムッカー!]74

219: 名無しの心子知らず 2007/07/16(月) 08:34:04 ID:0cDzotWR
5年生男子の息子にまつわるカチムカ投下します。

学校での出来事です。金曜日~月曜日にかけての話。
仮名等使用してなるべく短くまとめまてみます。

<木曜日>
下校支度の時にたけし君が帽子が無い。皆知らない。何人かの子は残って探すのを手伝う。
息子は帰る。
ひろし君が「もしかしてあそこかも~」と体育倉庫のボール入れの中から
たけし君の帽子を発見。(ボール入れ=ボールが30個くらい入る大きなカゴ)
みゆきちゃんが「そういえば5時間目の体育の時間息子君がボール当番だった」
その発言が何故か「息子君が隠した」と言う話になって伝わる。
<金曜日>
昼休みにたけし君と息子君が一緒に遊んでいるところへ先生が来て
「よく友達の帽子を隠しといて平気な顔で遊べるよね!」と突然言った。
息子君ふてくされ5時間目の授業中「確かめもしないで勝手に決め付けるな!」
と言い放って教室を飛び出す。(理科室のテーブルの下で発見される)
先生は一応息子君に謝罪し「犯人探しはもうしませんが隠した人は反省汁」と皆に言う。
息子君ご立腹で帰宅。今日の出来事を私に話す。
<土・日曜日>
月曜日何て言って抗議してやろうかと家族会議


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
今までにあった最大の修羅場 &pound104

87: 名無しさん@HOME 2014/02/14(金) 00:38:13.52 O
今日あった修羅場
他の板にも書いたけど、皆に聞いて欲しいので書かせて下さい
昨日の夜から急な発熱(38度)で、喘息も落ち着かない状態だった
様子を見ようってのと、朝方に飲んだロキソニンが効いて、やっとグッスリ寝れたので起きたら昼過ぎ
やはり体調が悪いので、いつも行く内科に行こうとしたけど、午後休診だったので近所の内科に行った
行く前には喘息発作を抑える薬(サルタノール)を吸入して行動した
受付で昨日から熱がある事(インフルの疑いあり)と喘息発作が出てて苦しいと伝え、問診表にもそう記入した(この時の熱は37.3度)
順番をお待ち下さいって事で、おとなしく待ってたが発作が段々酷くなり、マスク凹ましつつ肩で息しながら涙が出てボロボロ(ココまでて診察開始から20分経過)
本当に呼吸が辛くて受付で「喘息発作が苦しいんで、先に喘息の点滴して下さい」と訴えた

受付「診察してなければ何も出来ないので、順番まで(まだ全然先)お待ち下さい」

私「じゃあ救急車呼んで下さい」
受付「とにかく診るんで、順番までお待ち下さい」
「体調が悪いならベット用意するんで、寝てお待ち下さい」
私「いや、発作出てて寝れる訳無いじゃないですか。じゃあもう良いです。帰ります」
受付「え?診察まで待って下さい

と、ココで病院出て、車で来てた事もあって、片道15分の総合病院の救急に行ったらインフルBだった
とりあえず吸入と点滴して貰って薬貰って帰って来たけど、最初の病院の対応がモヤッとするし、本当に死ぬかと思って頭ん中は修羅場だし恐かった


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
スレを立てるまでに至らない愚痴・ 悩み・相談part60

268: 名無しさん@おーぷん 17/01/26(木)14:22:36 ID:qtX
愚痴混じりの相談です。
当方実家住まいの20代の女ですが、今年度中に入籍を控えており、同時に引っ越しをするため実家の自分の荷物を整理しています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
何を書いても構いませんので@生活板 37

929: ↓名無しさん@おーぷん↓ 16/12/31(土)22:47:07 ID:Nix
嫁母に聞いた嫁とウインナーコーヒーの話
まだ消費税がなかった頃
嫁母は見合いして22で娘(嫁)を産んで、家庭を顧みない、多分アスペルガーか発達障害の夫の分も女手一つで育児と仕事をしてた
ある年の瀬に法事で夫の実家に帰る道中、夫に「ちょっと待ってて、友達のところに顔出してすぐ戻る」と娘共々、よく知らない地に置いていかれたらしい
田舎だから年末に空いてる店もなく、携帯もない時代
昼時を過ぎ、一時間待っても戻ってこず、娘をおろしてる間に財布の入ったカバンごと走り去られ、ポケットには高速のおつりの300円
寒さだけでも凌げるところをと探していると、あいている喫茶店がひとつだけあったそうだ
喫茶店に入り、メニューを見るも、お腹を空かせてるだろう娘に食べさせてやれる300円で買える食べ物なんてない
せめて何か温かい飲み物をとドリンクを見ていると、コーヒーの下に一つ、ちょうど300円で頼める飲み物が
【ウインナーコーヒー】
母は考えた
「ウインナーコーヒーって、ウインナーがついてるのかな?」
「たぶん」
「じゃあ、お母さんコーヒー飲むから、あなたはウインナー、はんぶこしましょう」
「うん」
そうして届いたコーヒーには、ウインナーではなく生クリームが乗っていた
母は焦った
でもそれを見た娘はニッコリ笑って言ったそうだ
「お母さん、よかったね!お母さんの大好きな生クリームが乗ってるよ!」
コーヒーが飲めない娘は上の生クリームを食べることを辞し、お水を飲んで過ごした
店員にバレないよう、こっそり一欠片の角砂糖を舌の上に転がして
その後夫が迎えに来ることはなく、自力で見つけた交番に助けを求めて難を逃れたそうだ
夫は娘と妻を置いてきたことを 忘 れ て い た
母は20年以上たった今でもその時のことを忘れられないという

嫁に聞いた母とウインナーコーヒーの話
ランドセルを買ってもらった頃だったか
見知らぬ場所に母共々連れてこられ、唐突に父に車を追い出されたそうだ
二人は父に捨てられたと思ったという
寒い仲凍える母と歩きまわり、やっとのことで一緒に見つけた喫茶店に入ったそうだ
いかにもチェーン店という感じで、若い店員は愛想が悪かったが店内はほのかに暖かくてホッとした
母は娘にバレないよう、もう何回目かポケットの中にある小銭を数えたが、娘は母の持ち金の少なさを悟っていた
漢字は読めなかったが、数字の大きさは理解できる
母の手持ちでは娘が読めるコーヒーを頼むのが精一杯なことに気づいていた
娘は安堵した
よかった、お母さんの大好きなコーヒーは頼める
すると母はとても良い提案が浮かんだというように、ニッコリと笑って娘に聞いた
「ウインナーコーヒーって、ウインナーがついてるのかな?」
娘はしばし躊躇があったものの、その「たぶん」と曖昧に返した
そうして注文したコーヒーは、やはりウインナーはなくて、かわりに生クリームが乗っていた
娘は安堵した。よかった、これならお母さんはコーヒーが飲める
だけどお母さんはとても悲しそうな、辛そうな顔をしていることに気づいてしまった
そんな顔をさせてしまったことが辛くて精一杯笑ってみたけど、母は悲しげに微笑みを返すだけだった
そのときとても居たたまれなくて、私は大丈夫だと母がコーヒーに入れない角砂糖を一つ頬張ってみせて誤魔化そうとしたけど
そんな強がりもやっぱり母にはお見通しなような気がして、同時に母のいたたまれないような気持ちも伝わってきて
上手にその場をやり過ごせなかった後悔が今でも鮮明に残っているらしい

二人共、それぞれ「昔、ウインナーコーヒーはウインナーが入ってると思っててね」と笑い話として話してくれたけど
話の本質が切なすぎてどちらの話も涙腺が緩んだ

このページのトップヘ

オーベンザイム