---スポンサードリンク---

修羅場

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
奥様が墓場まで持っていく黒い過去【黒の12】
toki.2ch.net/test/read.cgi/ms/1292246851/
329: 可愛い奥様 2010/12/31(金) 11:47:48 ID:M3GY7RdS0
今年の夏、家族で高原にキャンプに行った。
野菜を軽く洗っていたら、なんとそこに熊出没。頭が真っ白になった。
幸い?そこにいるのは私のみ。距離3メートル。
熊は近づくかどうか、迷っている様子。
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770


---スポンサードリンク---

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
『このヒトは無理だと思った瞬間125』より
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/ex/1370784500/
140: 恋人は名無しさん 2013/06/13(木) 05:09:55.47 ID:58i5/MRc0
彼氏が、先々週の土曜日オフ会に行って宗教を勧誘されちゃてそのまま同意しちゃて最悪なんです....
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
『(-д-)本当にあったずうずうしい話 第141話』より
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1307447222/
53: おさかなくわえた名無しさん 2011/06/08(水) 21:21:18.60 ID:OBeZqnCE
スーパーの長蛇の列に並んでたら、中国人女が菓子パン2つ持って
「お腹すいたらここに並ばせてくれ」と言ってきた。
コンビニならまだしも、後ろにはまだ並んでる人がいるし、ちゃんと並んだほうがいいと言ったら
「あんた悪魔!日本人は悪魔!」と罵ってきて、そのあともかなり粘着された。
私の目の前で指をさし罵るから、やめてくれと手を払ったら私が巻いてたストールで首をしめられた。
殺されると思い、突き飛ばしたらまたしても向かってきて、眼鏡を取られ叩きつけられて壊された。

JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
『【家庭】-今までにあった最大の修羅場£86』より
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1371308470/
454: 名無しさん@HOME 2013/06/21(金) 07:58:04.11 O
まだ小学6年生の頃、塾が22時まであった。
自転車に乗った帰り道、家まであと200メートルくらいの住宅街、
狭い道に停められた車の脇を通ろうとスピードを緩めると、
[車](私)[よその家]の家側から人が4-5人飛び出してきて、
そのうちの1人が私の手首を掴んだ。
手首を掴んでいる男の人はお酒か何かで酔っている様子で鼻息が荒かった。
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
『今までにあった最大の修羅場 £72』より
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1357317416/
140: 名無しさん@HOME 2013/01/31(木) 15:50:10.97 0
両親が熟年離婚をした。
原因は父の、モラハラになるんだろうか。

父には、人前や子どもである私達の前で母を落とす癖があった。
料理の味付けが気に入らない、と顔をしかめていうのにどこが悪いのかは言わない。
どこが悪いの?と聞くと、こんなことも分からないのか?と絶対に理由を言わない。

人前では、こいつブスでしょ、○○さんの奥さんが羨ましいですよ!とか、こいつは食うだけの主婦とか、そう言った感じだった。

母は何も言い返さなかったけど、代わりにもともとうまかった趣味の道でパートをするようになった。
それでも父は、いや、更に激しく母を落とし続けた。

JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
『【家庭】-今までにあった最大の修羅場£86』より
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1371308470/
238: Be Cool 2013/06/18(火) 01:11:06.47 0
ヲチがなくてスマン話。

昔、まだ俺に相方がいた頃、アパートの2階の奥の部屋に住んでいた。
ある夜、ドア横のキッチンの窓ガラスにヒョコヒョ影が映った。
相方と二人で「なんだろう?」と不安に思ってたら、しばらくして戸を小さく叩く音と「助けてください、警察呼んでください」という少年の小声。

俺と相方は、押し入る手口か? と警戒してたんだけど、必死に繰り返す声に俺が腹をくくって、まずは相方を奥の部屋に入れた。
ドアを開けたら、ボコボコな顔を血だらけにして、服はビリビリな青少年がおった。
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

このページのトップヘ

オーベンザイム