---スポンサードリンク---

セコ・ずうずうしい

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
636: おさかなくわえた名無しさん 2013/04/09(火) 00:10:57.21 ID:mcKWtob9
日常ではなくて海外旅行中に出会った、意味不明な申し出。

海外旅行先で、オプショナルツアーに参加した時の話。

ツアー中にガイドさんの上手な話題誘導もあり、ツアー客全員で色々話をしあう関係になっていた。
で、ツアーも終わって客をそれぞれのホテルへ送る段になって、
後ろの席に座ってた頭の足りてなさそうな女達に「ホテル交換しよう」とか言われた。
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770


---スポンサードリンク---

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
851: 名無しさん@HOME 2013/04/07(日) 10:00:32.21 0
保証人でもめた話に便乗。

2年前、うちの息子が学生支援機構の奨学金を受けるにあたって
連帯保証人は夫がなるんだけど、
もう一人保証人を選ばなきゃならなくなった時に
義弟に頼もうと思ったら
義弟は了解してくれたが義弟嫁の反対にあった。
それは仕方ないことなので、実兄に頼むことにした。
(幸い実兄嫁さんからは承諾をもらった)
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
146: 名無しの心子知らず 2013/04/08(月) 13:24:52.75 ID:j/3EqW/n
姪を預かって高校に通わせることになったら、
(姉の家はチャリ・徒歩通学が物理的に不可能な場所にある)
うちの娘もあずかれそこから通わせろって姪の同級生の親が来たよ。
月1万払うから、そのうち半分を娘にお小遣いとして渡せってさ。なめてんのか。
2回目も来たから録画して義兄(姉旦那)に渡したら
旦那さんと娘さんが謝りにいらっしゃった。
何がびっくりってその“うちの娘”が通う高校は姪とは別の高校だってこと。
プラス、その娘は同じ高校に通う友達と朝早くから一緒に通う気満々で、
特に仲良くもない姪と一緒に住んだりする気はなかったって。
謝りに来てくれたけど、しゅんとしちゃって可哀想だったよ。

JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
【義弟視点】はこちら

【姉視点】はこちら

929: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/25(月) 17:59:31.28 ID:TladbQEJ
旦那の弟がマンション購入に向けて旦那のお姉さんの持ちビルに今年の初めに転がり込んできた。
最上階が義姉さんの住居兼仕事スペースで、その下が旦那の両親の住居と一部義姉の資料とか倉庫になってる。
私たちはそのまた下の階に間借りして住まわせてもらっていた。
その下が義姉さんの仕事関係の倉庫だったのですが、旦那の弟夫婦が貯金をしたいとの事で、
資料を電子化したり不要なものは整理して義姉さんがお金を出して改装し旦那の弟夫婦を住まわせるようになりました。
各家庭の玄関は外部階段形式で完全に別で、
エレベーターは5階の義姉、4階の旦那のご両親と1階に止まる形式です。
もちろん水回りは完全に別。
うちは子供二人の家庭ですがそれぞれに8畳の個室が与えられるほど恵まれた環境で、
「お金が貯まるまでうちのビルで住んでも良いよ」と出産後言ってくれた義姉にどれだけ感謝してもしたり無いほどです。
ちなみに賃貸契約は不動産屋さんを通して激甘条件で契約しています。
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
721: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/30(月) 03:55:52.75
非難されるの覚悟して書く
震災時に避難所で妻が子供に粉ミルクをあげてたら、「私の子供にも分けてください」の声
見ればその人は3歳ぐらいの幼児を連れていた
家があれば別だろうが、震災直後はすぐにコンビニに行かない限り、水も食べ物もない
特に赤ちゃんのミルクなんて貴重でまず手に入らない
幸い家は津波にあったものの、家の中が水でかき回されるぐらいですんでいたから
封の切っていない粉ミルクの缶やペットボトルは無事だった
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
73: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/07/31(火) 16:27:53.21
十年前の我が家の修羅場です。
我が家の前を歩いていたら、向かいの話したことないおばさんが寄って来た。
「悪いんだけど少し用立ててもらいたいのだけど、お母さんに頼んでくれない?
息子の事業がうまくいかなくて困ってるの。」高校生にそんなデープな話をなんでと
疑問に思いながら小娘は返事もできずただびっくりしてたら、おばさんは「じゃ後で
家に行くからね。」と去って行った。
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

このページのトップヘ

オーベンザイム