---スポンサードリンク---

セコ・ずうずうしい

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
(-д-)本当にあったずうずうしい話 第103話
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1243233924/
800: おさかなくわえた名無しさん 2009/06/06(土) 08:57:01 ID:GOz5RwQs
長文。

夜、終電に近い時間。電車に乗ろうとしたところで携帯が無いことに気付いた。
切符売場に一度置いた気がして、戻ってみたら、近くにはおばさんが一人だけ。
そのおばさんは携帯で電話をしていて、その携帯が間違いなく私のものだった。
色、形、キーホルダー数個。ここまで被ることはないなと思い、声をかけてみた。
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770


---スポンサードリンク---

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
(-д-)本当にあったずうずうしい話 第103話
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1243233924/
561: おさかなくわえた名無しさん 2009/06/02(火) 03:45:13 ID:EWqztEUc
今まで散々仕事しないのか?バイトでもいいから仕事したほうがいいぞ!と忠告してやったのにも係わらず、
その都度自分は今仕事とかでいろいろ忙しいし、体も丈夫じゃないから無理なんだーと言い訳ばかり。
その仕事っていうのは、パソコンのソフトを使ってゲームを作ったりする、趣味ってやつ。
体が丈夫じゃないのなら、病院に行けば?と言っても、お金がないし病院は嫌いだから
自分の体の回復力を信じるとか・・・。
なんか意味不明なことばかり言っていて、俺に害もさほどないので4,5年くらい話をききつつ様子見をしていた。
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
☆発見!せこいケチケチママ その56☆
http://life2.2ch.net/test/read.cgi/baby/1166340284/
452: 名無しの心子知らず 2006/12/24 16:56:41 ID:50XDBrhK
セコケチというより意地汚い?ママかもだけど。

ウチは毎年クリスマスには鶏の丸焼きを作るんだけど
息子が幼稚園で友達に話したらしくてママ友の1人から昨夜急に電話が。
たわいもない話してるうちにクリスマスディナーの話になり
「ウチの子供がどうしても鶏の丸焼き食べてみたいって聞かないのよ。
だから明日の夜親子三人でお邪魔するわね♪」
とか言い出してきた!
イブは家族だけで夕飯食べるつもりだし、作り方簡単なのでレシピ教えるから今度自分で作りなよ、
というと
「どうせ私作れないし一度そういうの食べたかったんだ。
ねぇいいでしょ?ホームパーティーみたいで子供達も喜ぶって!」
と聞かない…
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
☆発見!せこいケチケチママ その14☆
http://life2.2ch.net/test/read.cgi/baby/1100248260/
545: 名無しの心子知らず 2004/11/25 22:07:06 ID:IaDyNKfW
近所の公園で仲良くなったママ。
うちが母子家庭だってわかったけど普通に話しかけてくるし
初めてのご近所ママ友だから嬉しかったんだけど、
だんだんなんかうちを哀れんでるなぁって感じがひしひしと。
ちょっとしたお菓子やお古なんかも、さもうちが与えた事ないような言い方。
お返しや、うちからお裾分けを持って行くと、生活苦しいんだからいいのよ!とか。
微妙に距離をおきだした頃に私とそこのうちが同じくらいの年収だと知り、
くれたお古を取り返しにきました。騙された!とかホントに困ってないのねぇ、とか。
別にお古をこちらがねだったわけでもないのにな…
くれたお古を取り返しにくるなんて、かなりセコケチだと思いました。

JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
(-д-)本当にあったずうずうしい話 第103話
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1243233924/
81: おさかなくわえた名無しさん 2009/05/26(火) 23:47:15 ID:MuJWA9iA
昔、登山に行った時、ボランティアの人が数人で一人、障害者を持ち上げていた。
その障害者は歩かずに、持ち上げてもらって頂上をめざすらしくて、
ボランティアの人は大変。
しかも上っているのは富士山だから、上に行くほどボランティアの人は辛くなり、
休憩も多く取るようになって、小学生の自分も、障害者を一人、二人と抜かして、
三人目くらいのところへ来たとき。
障害者は、自分は歩いていないから、ピンピンしている。
疲れてないから、休憩も不要なものだから、ボランティアの人に向かって、
いつまで休んでいるんだ、早く行くぞ、健常者だろうが、役立たずみたいな意味の言葉を
さらっと吐いて。早く行くように督促していた。


JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
(-д-)本当にあったずうずうしい話 第102話
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1241951178/
580: おさかなくわえた名無しさん 2009/05/18(月) 09:37:09 ID:a4ZdrLTU
学生の頃、近所に住んでたお婆さんの面倒をちょくちょく見に行ってた。
面倒というか、お婆さん足腰が悪くて日常生活で困る事があったみたいだから、
買い物に車出したり、時々ご飯作って一緒に食べたり、ちょっとした家事手伝うとかその程度。
お婆さん良い人だったし、私は祖母が両方亡くなってたから、自分も結構楽しんでた。
そしたらそのうち、お婆さん家に同居してたお婆さんの娘さん(当時三十八歳、独身)が、私を
「金を払わなくていい家政婦」扱いし始めた。
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

このページのトップヘ

オーベンザイム