---スポンサードリンク---

キチ・DQN・非常識

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
942: 名無しさん@HOME 2011/12/22(木) 04:18:43.85 O
自分が小学校低学年の頃
じいちゃんが結構長い入院してたA病院の看護婦長がクソだった(フェイクあり)
足怪我して動けないじいちゃんんのに
「GWだから家帰れ。」言う。
いやどうみてもまだ動ける状態じゃない
と言っても取り付く島も無し。
渋々家に連れて帰る。

先生に「どうして勝手にry」と怒られる(我儘で帰ってったと変換)
その横にいる
困った患者&家族に付き合ってアゲタワタクシ状態のクソ。
こんな感じで一気にクソへの信頼は無くなった。

で一番の修羅場が
入院中じいちゃんが体調崩して先生に診て貰おうかと他の看護婦に言ったらクソに
「ここでは診れないから近くのB病院までいけ」と言われ、母ちゃんも怪しいと思って
先生が言ったのかと確認したら
「そうだ」と言われ(ここでも取り付く島なし&ホントはもっと酷い言いぐさだったんだが)母ちゃんはじいちゃん背負ってB病院へ。
そこの先生に吃驚される。
そして肺炎になりかかってた。

帰って来たらA病院の先生「こんな状態でry」とフジコ(勝手に行ったと変換)横でクソがry

退院するときに先生に全て吐き出したらしいが(先生の顔が青くなってたらしい)
未だにばあちゃんと母ちゃんは怒ってて
絶対に何があってもあの病院には診て貰わないと言ってる。

JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770


---スポンサードリンク---

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
638: 名無しの心子知らず 2011/12/17(土) 17:25:12.96 ID:tc/IwIwu
こんなとこじゃないと吐けないから、ごめんなさい
いままで、少しウザいだけのトメだと思ってた。
3才の子供が興味もったからって出刃持たせるってなんだ
トメを疑いもせずに席をたった私はバカだ
叫び声が聞こえて、慌てて戻って娘を見たら足を切って泣いてた
さっき病院で縫って貰って帰って来たけどトメが家の前にいたけど無視して家に入った
ずっと電話が鳴るからトメ電拒否にした
娘はいま寝てるけど謝っても謝っても謝り足りない
病院の先生がなるべく傷が残らないように縫ってくれたけど
もし傷が残ってしまったらどうしよう

JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
390: 名無しの心子知らず 2010/05/13(木) 00:46:36 ID:/DJ7dtoq
車運転してたら、左右確認もせず信号無視して渡ってきたチャリのDQN母親。
後ろに子供チャリもいたからクラクション鳴らしたら
中指立ててすごい剣幕で攻撃してきた。
呆れ過ぎて「FU○Kじゃないでしょう?危ないですよ」って言ったら
「何で?何で?」と興奮しながら自分の正当性を主張しまくるバカ女。
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
238: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/09(木) 21:06:32 ID:hd9qRMkf
ジェラート屋の店員です。
先日お店にきた韓国人の団体客は順番に注文をするという概念がないのか
ショーケース前にへばりついて、それぞれが自由に話しかけてきて困った。
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
856: 愛と死の名無しさん 2008/03/18(火) 15:13:08
出来婚つながりで、友人の結婚式の話。

新郎新婦は6年も同棲していながら、お互いの仕事とかもろもろの事情で結婚を
のばしのばしにしてきたが、新婦の妊娠でやっとこさ式をあげることにした。
ほとんど夫婦状態だったから、出来婚とはいえ誰もが「あ、そういやあいつら
まだ結婚してなかったんだっけ?」くらいのものだった。一人をのぞいて。
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

usa04a1

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
240: 名無しの心子知らず 2010/06/02(水) 16:50:15 ID:Zc6TIXuM
自分の運の悪さに打ちのめされたから書く。
最初の時は私は大学生で兄と2人暮らしだった。
朝6時にチャイムを鳴らされて出たら、知らない女Aに
「この子よろしくね。じゃ」
と赤ちゃんとボストンバッグを渡されて
Aは私の肩を押して部屋の中に押し込んで、玄関ドアを閉めた。
あわてて赤ちゃんを床に寝かせてドアを開けたら、もうAはいなかった。
JXvsd8qt5DPVOLh1372117869_1372119770

このページのトップヘ

オーベンザイム