スカッとする話・武勇伝

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
胸がスーッとする武勇伝を聞かせてください!
https://life2.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1047702977/

918: おさかなくわえた名無しさん 03/06/15 11:37 ID:EpDGk8Re
私が18歳で大阪で一人暮らしを始めたばかりの頃、人気のない路地を歩いていたら中学生か大きめに見ても高校一年くらいのガキ七人にカツアゲされた。
囲まれたらヤバイと思い壁を背につける態勢になった。頭の悪そうなツラを歪めながら『兄ちゃん、金貸してくれんか。』
俺『いや持ってないよ』
ガキ『まあええから財布出せや』
俺財布出す『ほら、小銭しかないやろ。俺ビンボーなんや。俺が貸して欲しいがな。』
ガキ『キャッシュカードがあるやないか。銀行行こうや。』
俺『銀行にもないがな。あったら持ってるがな(おろしに行くところだった)』
ガキ『ああ?ええからとりあえず暗証番号は何番や』
これはちょっとしつこいし鬱陶しいなと思い、ガキ達のリーダー格は誰かなと見渡した。俺にタカリかけてる奴の横にそれらしいのがいたので、ふー―っとため息をつき、一瞬間をおいた瞬間そいつの股間を思いっきり蹴り上げた。
ガキ『はがっっ#℃※‰♂∬★*』 崩れ堕ちるガキ…。驚くガキの一人にタックルをかましダッシュ。後ろから『まてコラ!』 『殺すぞオラ~』と言う声と『よっちゃんっ!よっちゃんっっ!!』と言う声を聞きながら逃げた。 ムカついたけどちょっとスッキリした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
※※※※ 私は見た!! 不幸な結婚式 104 ※※※※
https://toki.5ch.net/test/read.cgi/sousai/1312501516/

365: 愛と死の名無しさん 2011/08/18(木) 12:12:11.46
先月の友人の結婚式にて。
同じテーブルの友人は次の余興の準備で退席していて、自分一人でボケっと新郎友人達の余興を眺めていた。
終了後、何故か新郎友人の一人がテーブルまでやってきて、私の隣に着席。
あー疲れただの暑いだの一人でブツブツ呟いてたかと思ったら、
「なぁ、ビール持ってこさせるとかしろよ。気が利かないな」
とか言われた。
思わず「はぁ?」と思いっきり語尾上がりで睨んだら、
「そんなだから仲間はずれでボッチなんだよ。いつまでも売れ残りで寂しい思いしたくないだろ?ん?」
「男から声もかけられたことないんだろうけど、そういう無愛想なのダメだなぁ。俺だから我慢してやれるんだぜ」
と、テーブルに肘ついてこめかみに軽く手を当て、もう片方の手で人差し指を立ててクルクルしながら言われた。
さらに新郎友人男は立ち上がって、私の耳元で
「後で俺が女を教えてやるよ」
とささやき、私のグラスにメモを挟んで自分の席に帰っていった。
広げてみたら、携帯番号とメアド(名前+king+生年月日らしき日付)が書かれていた。
その後友人スピーチで出番があったので、スピーチの最後にメモをビリビリに破ったものを紙ふぶきのごとくバラ撒いてきた。

先日新婦と会って新婚旅行のお土産を貰った時に、
その男が私の素性を聞いてきて、「メールくれる約束したのにすっぽかされた」的なことを言ってきたらしい。
新婦が、
・私は既婚者。子どもも二人いる。(←事実)
・かなーり遠方住まい(←事実)で滅多に連絡がとれない。
と説明したところ、「だまされた!」と激怒していたらしい。
だまされたも何も思いっきり左手に指輪してたし。
余興参加しなかったのもボッチじゃなくてスピーチ予定だったのと遠方住まいだから準備に参加できなかったからだし。

遠方に嫁いでちょっと寂しかったけど、コイツともう関わることがないだろうと思うと、本当に遠方でよかったと思う。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
【窃盗】発見!泥棒~手癖の悪いママ167【万引】

843: 名無しの心子知らず 2011/11/03(木) 21:06:43.90 ID:q7+DYUL4
報告者居ないようなので、同じマンションに住んでいた泥+恐喝ママのお話をひとつ

前提
私 旦那と住むために3年前にアウトレットマンションを安く購入
  旦那と二人で暮らしている

泥 30代後半で旦那と子供が小学校低学年と年長さんが一人づつ
  うちが買ったマンションの22階(最上階 我が家は7階)に一番最初に入ったのがご自慢な方
  因みに間取り(あちら5LDKこちら3LDK)やらアウトレットになる前に購入やらで我が家より3千万以上あちらの方がお値段が高い
  
既に解決済みなのとフェイク入れたので矛盾点があったらご容赦

泥ママとはマンション自治会行事やら、エレベータで一緒になったりとかで会えば話する程度の仲
なんだけど、我が家を格下認定しているらしく、何かとイヤな物言いが多いのでなるべく会いたくない人物

そんな泥ママとある日エントランスで鉢合わせして、泥ママがニヤニヤしながら私に話しかけてきた
「私さんも結構やるわね~?見ちゃったわよ、ア・タ・シ」
「何を見たって言うんですか?」何となく内容が予想できた私は言葉を選びながら受け答えした
「あれ?そんな態度取って良いのかなぁ?皆にばらしちゃうわよ?若い男と腕組んで歩いてたこと」
あまりに予想通りの話だったんで、どう説明しようか思案しているのをどう勘違いしたのか
「旦那さんには黙っててあげるからさぁ~取りあえずこれだけで良いわよ」と言って2本指を立ててきた
「どういう意味ですか?」
「鈍い人ねぇ、20で良いって言ってるのよ。それだけ持ってきたら黙っててあげるからさぁ~」
「脅迫するんですか?」
「イヤねぇ~、そんな怖い事しないわよぅ~でも~貴女も困るんじゃない?ここに住めなくなっちゃったりとか~?」
もう、そのニヤニヤ笑いがたまらず、私はちょうど来たエレベーターに乗り込んだ
「根も葉もないこと言いふらされても困りませんけど、それ犯罪ですからね」ドアの閉まり際に一応警告としていってやった
泥ママは、ドアが閉まるまでニヤニヤとイヤな笑いを続けていた



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(140) 

648: おさかなくわえた名無しさん@ 2017/04/04(火) 19:05:00.58 ID:aZSkFVA/
中学の時の学年主任がクソでした

自分が母子家庭でそんなに裕福ではなかったのをいっつも見下してる感じだった。
しかも、生まれつき髪の色が明るめなのに染めてるって怒られ、否定しても信じてもらえなかった。
母が学校に電話をかけても、母に言わせてるんだろうとか、母子家庭の母親なんかまともじゃないだろ?って感じで取り付く島もなかった。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(67)

662: おさかなくわえた名無しさん 2008/05/28(水) 21:45:25 ID:243250JB
550 名前:名無しさん@6周年 本日のレス 投稿日:2006/08/04(金) 00:17:01 O7/qrFCC0

先月末の夕方、東京から新幹線乗ったらアホそうなサラリーマンが
車内の座席で携帯でギャーギャー騒いで(怒り口調で)煩かった。
内容から仕事の話だろうが本当に迷惑だったが、ここで凄いことが怒った。

「うるさいぞ、黙れ。ロビーに行け」とスーツの初老男性が注意したんだが
一旦電話を切ったDQNサラリーマンが初老男性に食って掛かった。

だけど初老男性はたじろぎもせず「お前は何様だ、何処の部署だ!」と意外な返答をした。

バッチから企業名がわかったらしいが、DQNは「関係ないだろと」とますます煩くなった
で初老男性がイキナリどっかに電話掛けたと思ったら、
「取締役のxですが、人事部長お願いします。」と言ってる。

「あー、z君?今さーうちの会社の若い奴が新幹線で周囲に迷惑掛けてるんだけど名前がわかんないから出張中の奴、調べてくれない?何なら本人に代わるけど?」

こっからDQNが青ざめた顔してイキナリ謝り出した・・・

駅で買ったビールを飲んでた事も、初老男性はきに食わなかったらしく
ロビーに連れてかれたが、あれは凄かったよ。

俺が名古屋で降りる時も帰ってこなかった

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(139)

265: おさかなくわえた名無しさん@ 2016/10/17(月) 15:37:04.05 ID:1SURcoeV
昔、幼稚園児の息子と娘2人でファミレスに行ったときのこと。
注文しようとしてボタンを押した所、5、6人のヤンキーたちが
「おいこっち先に来てよ兄ちゃん!」
とウエイターを呼んで無理やりこさせていました。
「すいません私が先にお呼びしたんですが」とヤンキー達に言ったところ、
「ああん?オメェ何だ?若いもんに譲るのが筋だろうよ姉ちゃん」などとのたまいました。
私たちは気分を害し、家に帰ることにしました。
近くにいた女子高生に話を伺ったところ、彼等はいつもその席に朝から晩まで居座っり、他の客の迷惑も顧みずに騒ぎ立てるそうです。

その数週間後、親戚の集まり(といってもごく小規模なもの)が私の家であって、そのファミレスに行くことになりました。私は気が進みませんでしたが、祖父がファミレスなるものに行ってみたいというもので仕方なく行くことに。

案の定奴らはいました。

「あれ、あの女この間の奴やん!おーい、久しぶりーwwww」
私は無視し、ウエイターに案内された席に着きました。
「ちょっと無視しないでよーwwwあれ、今日は家族も一緒?」

祖父が「誰じゃこやつらは?」と私に尋ねたところ、ヤンキー達が「爺さん、口の利き方ってもんがあるでしょうよ?こやつらとは何だこやつらとは」と言いながら祖父を小突きました。

すると祖父は目にも留まらぬスピードでヤンキーの1人の鼻に何かを突き刺しました。よく見るとフォークでした。
「ワシは大日本帝国軍で鬼の突撃隊長と呼ばれておってのう...あの東條英機すらもワシには口出しできんかったよ」と言い、皇居の方に向かい敬礼をしました。これは私も初耳(笑)

「んだとコノヤロー!」と言ってヤンキーが殴りかかりました。しかし相手が悪かった(苦笑)彼が殴りかかったのは空手5段のうちの兄でした。ヤンキーはあっという間にボコボコにされました。


このページのトップヘ

オーベンザイム