スカッとする話・武勇伝

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
108: おさかなくわえた名無しさん 2010/10/24(日) 15:11:27 ID:+PrF10XY
歩道一杯に広がってゲームしながら歩く小学生たち
すると後ろから盲導犬を連れた女性が来た
犬が止まるので状況も分からず女性はおろおろと立ち止まった
小学生たちは気付いてないのか全く無視
そこへと脇の店から出て来たつまようじくわえたおっちゃんがその光景を見て女性の肩を叩くと「しばらく待ってろ」と声を掛け、小学生たちに向かって
「邪魔だろ!散れ!!」
と怒鳴った
小学生たちが驚いて脇に寄るのを見ると
「もう行っていいよ」
と女性の肩を叩いた
女性はとまどいながら「ありがとうございます」と頭を下げて歩いて行った

携帯ゲームなんて迷惑なものをどうして開発したんだろ、と思いつつもおっちゃんにスッとした

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(89)
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1278414836/
337: おさかなくわえた名無しさん 2010/07/29(木) 01:38:32 ID:2t2KEN6m
高校時代、顔やスタイルは最高だけど性格が最悪な先輩と付き合ってた。
苦労して口説いただけに、嫌われまいとバイト代とか貢ぎまくり、奴隷状態。
クラスメイトや友人達は皆、俺の愚行に呆れかえっていた。

その後、先輩はサッカー部のイケメンと付き合い始め、捨てられた俺はようやく
目が覚め、もう二度とあんなくだらない女と付き合ったりしないぞ、と心に誓った。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
537: おさかなくわえた名無しさん 2009/08/11(火) 19:14:56 ID:oqk7w038
もしどっかに書き込んでたらごめん。
もう二年くらい前の話。
高校二年生の夏、彼氏と約束していた私は目的の駅で電車を降りた。
真昼間の駅は暑くて、私は電車を降りてから目の前を歩く男子高校生のエナメルスポーツバックに書かれた高校名をぼんやり眺めていた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
534: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/05(日) 22:19:54 ID:mYFLizk9
では俺が一つ

俺は消防団に入っているのだが、昨今消防団は嫌われている(酒、女、タバコありのエセ軍隊)
確かに2,30年前まではそれが普通だった、未だにそんな地域もある。
数年前まではうちの消防団も同じだったがこんな雰囲気では若い人も入ってこない。
そこで俺たちは古参の中途半端DQNどもの消防団費流用の証拠を集めまくり役場の係りを呼び
直談判、結果古参どもは強制退去に追い詰めることに成功した。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
本当にやった復讐 8
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1322631690/
907: 本当にあった怖い名無し 2012/02/04(土) 19:06:38.56 ID:pLa/D9i+0
復讐というにはぬるい話な上、長文でゴメン。

A家はうちから歩いて1分かからない距離にあった。
うちの家族構成は父・母・姉・俺。
父が亭主関白の暴力オヤジで、子供のころから親父絶対王制な家庭だった。
稼ぎは母の方が良かったのにとにかく親父が威張っていて俺たちは絶対服従だった。

A家母は、うちの親父と知人&母の上司。
A父は女房にまったく逆らえないヘタレ。
そしてA母はモンペ気質で、Aはワガママほーだい甘やかされたガキ。
A母とうちの親父の繋がりにより、うちはまるでA家の占有領土状態になっていた。
Aが俺と同い年なのも運が悪かった。
俺は生後すぐAの遊び相手として認定され、物心ついたときからAのしりぬぐいをさせられてきた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
395: おさかなくわえた名無しさん 2009/08/08(土) 16:17:13 ID:WU4TiGnJ
今日、空港の出発ロビーで待っていたときのこと。
自分の後ろに座っていた頭の悪そうな男女がくっちゃべってた。
どちらも私が勤めている会社の工場の期間工のようで、誰それがムカつくだの怪我人がでて超ウケるだの
会社の一員として外で話すべきことではない内容ばかり。
話の節々に作っている製品の名前(聞けば誰でもわかる)が出てくるので、周囲の人に聞かれたらよろしくない。

このページのトップヘ

オーベンザイム